お金を稼ぐということに辛さを感じる

以前note.muに書いた文章です。 

https://note.mu/underthesky/n/n67e47845dbb3

 漠然とそう感じます。自分は自分で行ってしまうのも何なのですが、トラブルメイカー的な資質を持っていて、人に嫌われたり、距離を置かれたりすることが多いのです。


 そのため、そもそも社会に必要とされているかどうか。というところすら、自分の中で危うく、そんな自分が対価をもらうなんてことがおこがましく思うのです。


 ただ、何かを創って対価を貰いたい。そういう気持ちはもちろんあって、何か満たされない気持ちばかりでモヤモヤしているのです。


 経済学=欲とはいいますが、他人の(汚い)欲のために、時間を割かなければならないことに嫌悪感を強く感じます。それが、現実の不条理であり、それはそのとおりなのでしょうが。


 それが、極端に触れると、何か上達すること、お金になりえそうなことすら嫌悪感につつまれてしまいます。


 これが、私の生きる辛さなのかもしれませんし、投げ銭スタイルをしているという根本的な原因なのかもしれません。


HP http://underthesky.info

note.mu https://note.mu/underthesky/

mail cdr65820@gmail.com

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のKato Keiichiroさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。