【Part 3】 「26歳、職ナシ、彼女ナシ、実家暮らし男子が、とりあえず、統合失調症になってみた。」

4 / 5 ページ

・カウンセラー三浦先生との出会い


 大学一年生の時から、学生支援室と言うところで、無料のカウンセリングを受けていあ。一年目は、転校され、新しく三浦先生とカウンセリングを始めた。


 今、思い出しても、何を話したのか、良く覚えていない。


 でも、よく褒められた事を思い出す。


 

カウンセラーの先生
「くわばらくんの、その目の付けどころが、すごいよ!」


 や、


カウンセラーの先生
「やってやったんじゃん!」


 など、自分の気持ちを吐露できる瞬間があるというのは、本当に心地がいい。


 親が子どものカウンセラーにならなくて、何が教育ですか。


 自分ははっきりとしておきたい。


 親の愛情を受けていない。と感じるのは、とてつもなく早い段階である。自分の幼稚園の靴のように、三歳の記憶が、一生を縛りつける。深い愛、「深愛(しんあい)」を持って、子どもには接してほしい。そう、切に願う。




 追記・三浦先生が対談している本を、大学卒業した後に見つけた。それが、「ふたつよきことさもないことよ」の、心理学者の権威、河合隼雄との対談だった。


 ネットで河合隼雄の事を調べていくと、「あれ?これ、三浦先生じゃん!」と、センセーショナルな衝撃を受けた。


 内容も奥深く、すぐに三浦先生に電話を入れた。


 「これ以上しゃべっちゃうと、カウンセリングになっちゃうから」


 と、いさめられたが、無事である、健康である、という報告が出来てよかった






・演劇研究会より愛を込めて


 ひろと同じ感情を持つ人は、少なからずいるもので、自分が所属する演劇研究会でも、全く同じ感情を持った女子がいた。 


 

演劇研究会の女子
「『え~。こいつが演研入ってくんの~?』って、最初思ったよ。」


 そうはっきり言ってくれた女子がいた。一人がそう言うという事は、大体の生徒は、そう思ったのに違いない。


 「NECK」という舞台に触発された、首から上の顔だけを出したアングラ系の舞台を皮切りに、音響、ブラジル人のギャグをする男…。と、着実に三枚目の役どころをゲットして行った。


 恋多き乙男(オトメン)だった自分は、すぐに好きな人が出来た。


 今でも交流がある人で、仲のいい後輩だ。でも、三年生の先輩に、掻っ攫われていた。チャンスの神様は、前髪しかないのだ。


 「君に届け」という少女漫画でも、同じことを言っている。


 

ピン(君に届け)
「一番最初に好きって言って奴しか、付き合える権利が無いんだ」


 と。


 オードリーの若林さんが、作家見習いだったツチヤタカユキさんに、


オードリー若林
「俺は若い時に恋愛をしてこなかった。だから、お前は失恋を百回してこい」


 と。


 また、エレキコミックのボケ担当・やついいちろうが言う。


やついいちろう
「モテないモテないと言って、安全圏にいる奴は、一番つまらない。一番面白いのは、必死でモテようとして、必死になって、結果モテない奴だ」


 と。


 寺山修司ではないが、ポケットに名言を差しいれたくなるような言葉のシャワーを浴びた。


 なかでも、一番影響力が大きかったのは、


TBSラジオ、毎週土曜日、深夜一時から三時まで放送されている、「エレ片のコント太郎」と言う番組だ。


 自分が電話出演したり、自分のネタメールが読まれたりと、「この番組面白いし、他の奴らが聴いてない!」と毎週楽しみにしていた。


 そこで、「カオポイント・石橋」の「モテ講座」という企画がポッドキャストで開催された。


 エレキコミックと、ラーメンズ片桐仁の後輩である石橋に、教えを請おうという企画だった。


 

カオポイント石橋
「合コンで、女の子が付いてこれない話題の時、『あ、伝わらなくてごめんね』などのフォローを入れる」


 

カオポイント石橋
「焼き肉屋にデートをした後は、その店のデザートではなく、クレープ屋、もしくは31(サーティワン)アイスに連れていく」


 と、目からうろこの講義内容だった。


 親友のひろにも、早速この話をして、エレ片リスナーを獲得した。


 

カオポイント石橋
「モテる為には、勇気!これしかありません!」


 石橋先生の言葉が胸にしみる。






・くわばらかずや、カオポイント石橋に出会う


 もう、会うしかない!会って、直接教えを乞うしかない!と、石橋氏の出ている単独ライブに足を運んだ。面白かった舞台を見て、いざ、初対面。


くわばら
「あの、くわばらです~。」
カオポイント石橋
「あ、ブログで申し込んでくれた!!」
くわばら
「あの、二言目で言う事じゃないと思うんですが、石橋先生、僕、モテたいです!」


 そうすると、舞台が終わったのにもかかわらず、自分の特別レッスンが始まった。

著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。