【Part 3】 「26歳、職ナシ、彼女ナシ、実家暮らし男子が、とりあえず、統合失調症になってみた。」

2 / 5 ページ

 良く言えば、「個性を大事にしている大学」。悪く言えば、「どんなバカ野郎バカガールでも、入れてしまう大学」。


 家でも、例にもれず、奇声をあげていた。ギターをぶん投げたり、部屋のありとあらゆるものをひっくり返したり。


 親にSOSを出した。


 荒れ果てた部屋から、自分を救いだし、実家の新潟県長岡市まで、連れてってくれた。


授業に遅れてしまう!と、必死に教科書を読んだが、意味が分からず、またパニック。


 一週間ほど経って、心情も落ち着き、再び大学へ戻る事にした。


 一番興味があった、日本語学の先生、「天野みどり」先生の教授室を訪ね、


 

くわばら
「こんな自分でも、やっていけるでしょうか」



 と、泣きながら懇願した。


 すると、先生は優しく、


 

天野先生
「年に何人かそういう生徒いるから、大丈夫よ!」



 と、声を掛け返してくれた。


 やっと、大学の中で居場所を探せた気がした。その天野先生の授業をほとんど取り、ちょっとずつだが、授業に復帰する事が出来た。


ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、うるさかった教室が、しんと静まり返り、集中力も高まりながら、授業を受けることが出来た。授業中にうるさかった生徒は、どこに行ったのだろう?






・「この世に正しい日本語なんてありません!」


 その、天野先生の最初の授業、「日本語学序論1」で、衝撃的なことを言われた。それが、この節の表題である。


 高校までは、正しい日本語を教え込まれたが、この大学に来た以上、というか、日本語学と言う学問自体、実態のない言語と言うしくみ、要素を掘り起こす学問である。と言う事だった。


 なるほどな~。自分がめちゃくちゃだと言われ続けた、ネットラジオに投稿していた文章も、「日本語」に間違いないんだな。と、肩の荷が下りたような気がした。


 そして、先生は次の生徒の事を話した。


 「『とか』だけで、卒業論文を書いた生徒がいるの!『とか』って、否定的に使われていて、ネガティブなイメージ・風潮あっただけど、彼女は、徹底的にアンケートを行って、お茶『とか』行かない?と、選択肢を増やすようないい方でも活用できるって、発見したの!私、迷っている卒論制作者に、この論文を必ず見せているの!」


 へ~と思ったのと同時に、せっかく四年間この大学にいるのだから、先生の記憶、記録に残る卒業論文を書いてやろう。そう思ったのが、大学一年生の四月の出来事であった。






・白い染みつきジーパンに、赤いフリース。


 「洋服を買うお金があったら、ゲームセンターのドラムを打つシミュレーションゲームにつぎ込む。」


 が信条だった自分は、全くと言っていい程、オシャレに“むとん着”だった。白い染みつきジーンズに、赤いフリース、その下に青いぴったりとしたパーカー。薄紫のマフラー、年中風邪をひいていたので、マスクをしていた。卓球サークルを覗いたら、「おい!マスク!」と言われ、すぐにその場を離れた。


 「入門ゼミ」というものが、うちの大学には存在しており、図書館の使い方や、レポートの書き方、基本的な学業を習う20人前後の少人数制のゼミだった。


 その最初の授業で、「自分の○○ベスト3」という課題が提出された。


 普通の生徒であれば、好きなアーティストベスト3。あまりにもベタで、誰もが避けていたが、「好きな食べ物ベスト3」でもいい。とにかく、人前でプレゼンテーションを行う訓練を行った。


 自分の選んだ「○○ベスト3」は、


 「自分の好きな古畑任三郎ベスト3」だった。


 大学生活が、ままならなかったため、いわゆる「かまし」を行った。


 第3位は、大地真央。


 第2位は、SMAP。


 第1位は、村人全員が犯人の回だった。


 この事を、構成作家のミラッキさんにメールで伝えたところ、「渋いね~」と言われた。

こんな、オシャレに“むとん着”だった自分に、ある日、転機が訪れる。






・オシャレオタク、ひろとの出会い。


 

ひろ
「最初見たとき、あいつだけとは、歩きたくないな」


 それが、ひろが自分に持った第一印象だった。


 自分には、当時好きな女の子がいて、その子とデートをする機会があった。しかし、二人っきりではなく、友人二人を呼んでとのこと。


 今思うと、デートでも何でもない、ただの秋葉原観光だったのだが、とても楽しかった。


 めぼしい店を見つけ、メイドが接客する喫茶店に入り、四人で談笑をした。必死に盛り上げようとする自分の姿を見て、ひろは、


 

ひろ
「こいつ、服はダサいけど、話は面白い」



 と、自分を認めてくれた。


 後日、大学近くの町田に、ひろと二人で足を運んだ事があった。自分は、早くドラムゲームをしたかったのだが、ひろがそれをそれとなく断り、


 

ひろ
「くわまん、服、見に行かねえか。」



 と、誘われた。


 別段、断る理由が無いので、了承した。


 しかし、これが楽しい地獄の始まりだった。


 まず、ひろは「百貨店」と言うものに、自分を招き入れた。


ひろ
「ヴィヴィアン・ウエストウッドがオレ、好きなんだよね~」
くわばら
「へ~(知らんがな!)」
ひろ
「ここ、HAREって言うところ。覚えておきな。」
くわばら
「う、うん(早く、ゲーセン行きたい…)。」
ひろ
「ところで、買いたい奴見つかった?」
くわばら
「(値段を見る)………ちょっと手持ちが無いかな(ゲーセンで遊ぶ金ならあるけども…)」


著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。