「ある7月の晴れたさわやかな日のできごと。」⑪

赤いミニトマトが一つ。

その赤色はとても鮮やかで周囲の緑の中で一段と映えていた。

サーモンの赤みなど赤ではないと主張するかのように、一つ、そのミニトマトは置かれていた。

詩織はシャワーから上がるとリビングでテレビを見ていた。

私は二階の自分の部屋で夏休みの課題に精を出し、母は昼間できなかった洗濯をした。

7時に父が帰宅するといつもの様に夕食をとった。


母が今日、祖母の所を尋ねた話をし、私、詩織の順で今日あったできごとを語った。

「あなたはどうでした?」

と母が父に話を振ると

「いつもと変わらないよ。今日もよく働いた。幸せさ。」

と答えた。


いつもと同じ。



赤いトマトは詩織が食べた。

私も詩織もトマトが好きだ。

なぜ母が一つだけサラダに添えたのかはわからない。

一つの方が見栄えがよかったのだろうか。




【⑫に続く】

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。