「ある7月の晴れたさわやかな日のできごと。」⑬

そんな出来事を振り返りながら、今さゆりはベットに入り、手を伸ばそうとしている。

少し弾みをつけてから思い切り手を、宙に浮く白玉に伸ばした。

すると白玉はおとなしくさゆりの手に捕まり、下へとその位置をずらす。

その瞬間、当たりに闇が立ちこめた。

まだ目が慣れるにはしばらく時間がかかる。

いつもならカーテンを開けたままのベット左側の窓から夜空を眺めるが、今日はなんだか眠かった。


まぶたが重い。

何度も目を開こうとするが、その度にまぶたが落ちてくる。

眼輪筋も限界らしい。


さゆりは体のなすがままに目を閉じた。


額に夜風が心地いい。

昼間の喧噪と比べ、外はシンとしている。


さゆりの眠りを妨げるものは何もない。


窓の外では夏の大三角形が強く光を放っていた。



【⑭に続く】



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。