『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.11【完】 ~自分は何をするべきなのだろう~

1 / 3 ページ

後編: 困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~自然農園ビヨンド誕生への路~ vol.1 「仕事とは何だろう?」

思いは確実に現実に反映される!

長年の探求により『思考は現実化する』という現象を何度も目の当たりにし、神秘体験をも経験した自分の中にはこんな確信が芽生えていた。

思いは確実に現実に反映される!


さて、心のパワーの凄さに気づいた自分は、それを使って目の前の現実を自分の都合の良い様に変えまくったりしただろうか?



結果から先に言うと実はまるで逆で、意図的に物事を変えようとしてハッキリと意志の力を使おうと思うことは、殆ど無かった(^_^;)

なぜかというと、『思考は現実化する』が本当かを探求し始めた頃と比べて価値観がまるっきり別物に変貌していたからだ^^


ヒーラーになるべきか?

妻や友達の体調不良を治したり、自分自身の体に変化を起こしたりすることができることを知った自分は考えた。

自分はヒーラーとして他の人達の治癒などをするべきかな?


それに対する自分の答えは『NO』だった。

思考が現実化するかの探求を始めた当初であればその答えは『Yes』だったと思うが、その頃の自分は前述のとおり価値観が全く異なっていたのだ。

『他人を治す』事よりも、もっとずっと素晴らしいことを自分はできるんだ!

自分が人々に伝えたかったのは『人から癒やされることを待つ必要はなく、あなたは自分自身で自分を癒やすことが出来る』という事。

自分はそれを伝えるためにオンライン無料相談室を設けたことがある。

しかし、それは一年も続けることなく終了することになる、、、、


病院を作ると患者が来る

なぜ相談室を止めたかというと、、、

簡単にいえばこういう事だ。


『病院を作ると患者が来る』


実際に相談室を訪れてくれる方々のスタンスが、自分の想いと上手くマッチしなかったのだ、、、

『あなたは自分自身を癒やすことが出来る』という事を伝えたかったのだが、訪れてくれる人々は具体的な救済を私に望むケースが大半だったのだ。

つまり、「私は患者なんだ。処方箋をくれ。」と言ったスタンス。


『あなたが自分自身を癒やすには、貴方自身の心を変える必要がある』という事が分かってもらえれば、目の前の現実がガラリと変わることも体験してもらえる!


そういう自分の想いとは裏腹に、

「自分は被害者なんだ。なんで自分を変える必要があるんだ?俺を治すのはあんただろう?」


という感情を抱く人が多く訪れたのだ、、、

みんなの読んで良かった!