生きづらいと感じているすべての人に宛てるインドからの手紙

1 / 3 ページ

私には大切な友達がいます。

みなさんにもいるでしょう、すべてをなげうってでも、助けなければならない人が。

その大切な友達が生きあぐんでいるときに、綴った手紙です。




I


インドにバラナシという町がある。

ガンガー(ガンジス河)のほとりにある、ヒンドゥー教(シヴァ派)最大の聖地で、毎年100万ともいう巡礼が、この町を目指してインド中、世界中からやってくる。

ガンガー沿いには80を越える、ガートと呼ばれる階段状の沐浴場があって、巡礼者は朝な夕なにガンガーに身を浸し、罪を清め、巡礼の喜びに打ち震える。



ダーシャシュワメート・ガートという最も賑わうガートのすぐ近くに、マニカルニカー・ガートと呼ばれる火葬場がある。


そう、ここは死者が集まる町でもあるのだ。

ここで焼かれるためにインド中、世界中から遺体が集まり、24時間365日火葬台から火が消えることはない。

死者だけでなく、不治の病に冒された死を待つだけの病人や、死期を感じた乞食が、最後の力を振り絞って、あらゆる手段を使ってこの町を目指してやってくる。

ここで焼かれ灰になって、母なるガンガーに抱かれてヒマラヤに帰るのがヒンドゥー教徒の夢なのだ。

シヴァ神の住まうという、チベットの聖山カイラスへ。



かつて日本政府が、まったくの善意からだと思うが、衛生状態を懸念してか、最新鋭の火葬台の設営を申し出たことがあるという。

呆れて言葉も出ない。

火葬場の側では、死を待つ乞食たちが、自分が死んだ時に焼いてもらうための薪代を集めるために、物乞いをし、祈りながら最期のときを待っている。

そして、彼らに施すことで、ひとつ罪滅ぼしができた、と心が軽くなる巡礼者がいる。

ここに祈りの本質がある。

薪代を集めることは、来たるべき最期の旅への支度であり、ひとつの儀式なのだ。

小銭のずっしりとした感触に、彼らは安堵し、平穏に最期のときを迎える心の準備がととのっていく。

物乞いと施しという人間臭いやりとりが、死を介することで、崇高な儀式へと昇華される。

インドの神々は、一介の乞食の今わの際さえ、あだや疎かにはなさらなかった。

たしかに薪では生焼けかもしれないが、薪で焼かれることに意味がある、否、薪でなければならないのだ。

そのプロセスに計り知れない叡智がある。

最新鋭の火葬台?死を生活から切り離し、囲い込み、追い詰めた愚かな日本人の考えそうなことである。

インド政府はおそらく、死を軽んずる傲岸で蒙昧な民族を半ば嘲笑し、半ば憤りつつ、丁重に断ったことだろう。

日本人はいつから死を、穢らわしいものとして、見て見ぬふりをするようになったのだろう。




灰を流す横では、人々は洗濯をし、子供たちが泳いでいる。

日常と非日常が隣り合っている。

否、ここでは死は生活の一部なのだ。

焼くことのできない幼児、妊婦、聖職者の遺体はそのまま流される。

何世紀も前から無数の死者を抱いて滔々と流れ続ける深い河。

ガンガーの聖なる流れの前では、人はみな平等、カーストさえも無力。

ここは神々が統べる聖なる大地インド、生と死が交わる町、バラナシ。




II


遺体を焼いた後、男性の場合、胸の骨だけ焼け残る。

なぜだと思う?


インドは今でも肉体労働中心の社会。

過酷な労働で強靭に鍛え上げられた心臓を支えるために、周りの骨が頑丈になったのだという。

これはひとりの男が、命を削って、生きるため、愛する家族を養うため、働き抜いた証だ。

ひとりの男が、紛れもなく最期まで戦い抜いた証。勲章。

名もなきひとりの男の生きざまが、その死に際し結晶化したのだ。


一方で、女性の場合、骨盤だけ焼け残る。

なぜか。


インドは多産な社会。

ひとりの女が、命を紡ぎだすために、先祖から連綿と受け継がれた血を未来へ繋ぐために、命を懸けた証。

新たな命の導き手として、この世に生をもたらした印。

女たちの、果てしなき戦いの墓標。

母が愛する息子のために、妻が愛する夫のために、泥水の中から、まるで手品のように真っ白なYシャツを洗いだすのを幾度となく見たものだ。


ひとりの人間の生きざまが、死してなお明らかになる。

子や孫は、父が、母が、祖父母が火葬台の上に残していった、愛の結晶を目の当たりにする。

親は骨となって、なお無言の愛を語り、子はそれをしかと胸に刻みまた明日からの人生を生きてゆく。

火葬台は、繰り返される命の証言台であった。

死は生を賭して人を導く人生最後の授業。

何世紀、何世代にもわたって繰り返されてきた愛の儀式。




III


インドには厳然とカーストが残っている。

日本で苗字を聞けば、武士か公家か、豪農か小作か、鍛冶か漁師か、出自が分かってしまうように、名前を聞けば出身カーストが分かってしまう。

とはいえ批判されがちなカーストであるが、その実は、カーストの中で自分の分を守っている限り、生活を保障される相互扶助システムであった。




話は逸れるが、ヒンドゥー教は牛をシヴァ神の乗り物である聖なる動物であるとして、これを殺し食すことを禁忌としている。

これは人口稠密のインドにおいては極めて理にかなっている。

牛を食べずに生かしておく方が、より多くの人間を生かすことができるのだ。

というのも一頭の牛を肉として食べてしまえばそれで終わりだが、生かしておけば、乳をとることで多くの人間に長期的に栄養を供給することができ、また牛耕に利用することで生産性が飛躍的に向上するうえ、牛糞は燃料として利用することができる。

他方、イスラム教が豚を不浄として、飼育することさえ禁じているのは、豚を飼育していると人間が豚に食い殺されてしまうからだ。

豚は牧草を消化できないため、人間と穀物において競合 関係にある(もちろん搾乳・耕作には不適)。

このように宗教には優れて合理的で科学的な側面がある。




カーストはヒンドゥー教と密接に結びついた制度である。

たしかに職業選択や婚姻にかんして自由はないが、牛の話同様、人間を生かしておくのには極めて合理的なシステムであった。

靴屋の息子は靴屋にしかなれない。しかしながら、村に一軒しかない靴屋は、他との競合の心配なく、村人全員の靴をまかない続けている限り、その一族は確かに未来永劫に亘ってその生存を保障される。はずだった。

ところが近代に入り産業革命を経て、工場による大量生産の靴が登場するにいたり、村の靴屋は職を失った。

熟練職人であった靴屋は、単純労働者として都市になだれ込む。

屋根のある仕事に就ければまだいいが、人の足元を扱ってきた靴屋が就ける仕事はなく、やむなくリキシャーワーラー(自転車の人力 車)として炎天下のなか、客を乗せて自転車を漕ぐほかない。




インドでは今でも簡単にカーストの存在を肌で感じることができる。

食堂に行くと無駄に従業員の数が多いが、まったく動いていないものもまた多い。

彼らに、フォークを持ってきてほしいとお願いしても、たとえそれが彼の目の前にあっても、絶対に持って来ず、待ってろ、と言って別の従業員に持って来させる。

なぜなら、彼は人が食べる前の食器に触れることができないのだ。

床を掃く者が食器を洗ってはいけないし、逆もまた然りなのである。

ひとりでできる仕事を10人で分担する。従って給料も10分の1になる。

これがカーストが批判される所以。




IV


インドでは異常にリキシャーワーラーの数が多い。

彼らのほとんどは田舎から出てきた出稼ぎである。

大都市に出てきてはみたものの仕事はなく、やむなくリキシャーワーラーとなる。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のAndrosace Camaejasmeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。