ある人の「ひと言」で、まるで手品のタネ明かしを見たように理解できた、出来る人と出来ない人の違い

1 / 3 ページ

潜在意識がその人の行動の8割から9割を決める。


人間は、

普段の行動は自分では意識してない所(潜在意識)が深く関わっている

という話を聞いたことがあるかと思います。


今日からダイエット始めるぞ!

と、自分では思っていても潜在意識が


潜在意識さん
別に痩せなくてもいいじゃん


って言ってると、不思議なことにどんなに頑張っても痩せない自分が居る・・・

みたいな事です。

しかも潜在意識は無意識なんで、なんで痩せないのかなあ?

と思いながら気付くとポテチを食べている、というかなりやっかいなヤツです。


じゃあ、潜在意識を変えることから始めないといけない訳ですが、


…って話ではなく(冒頭から脱線しかけて焦りました)

「人間は無意識に潜在意識に従って行動する生き物」

ということを理解して頂いて、それを前提にこれから話を進めていきたいと思います。


この話は、


頑張ってるのに出来ない人と、頑張らなくても出来る人。


について書いています。





あなたの周りにも居ませんか?


例えば会社の中での話ですが、

たいして頑張ってる風にも見えないのに、トントン拍子に仕事が出来ちゃう人と、(実はちゃんと工夫を凝らしてる人)


めちゃめちゃ汗水垂らして頑張ってるのに、いつも上司に怒られてる人。(実は何も間違った事はしていない人)


営業の外回りなどでパチンコに行っちゃったり、公園で寝ちゃったりする人は「自分の意思でそうしてる」だけなのでどうでもいいんですが、


頑張ってるのに結果が出ない人に対して(何とかならないかなぁ)と思うのが人情ってもんです。

実は、ぼくは最近まで(でも何ともならないよなぁ)と思ってました。


しかしある人の話を聞いて、


ぉおおおお!そういうことか!!!



と、TVでセロのマジックのタネ明かしを見た時のように明確に理解した、

いや覚醒したかのごとく腑に落ちた話です。


部下の育成に悩んでる人には、参考になるんじゃないかな?

と、思ったのでこうして書いてます。

この人達に対して、指導者はどう対応するべきか?

というような話を今からします。偉そうに。



才能が無いという個性


ぼくは以前会社に勤めてたころ、部下ではないのですが30人そこそこの社員、それぞれ個人の力量を踏まえて仕事を割り振る。という立場にいました。


やる仕事は同じなのですが、人によって仕事が出来る度合いが違うので、どうしても「仕事が出来る人」に多くの仕事を任せるようになってました。


当然、文句も出てくるわけで。


社員
何で俺だけいつも仕事が多いんだよ!
まあまあ。いい助手付けるからさ、頼むわ
社員
今度の飲み代おごりね(笑)
なんでやねんww



そこは何とかコミュニケーションと飲みニュケーションを取ったり(下戸ですが)

そういう事をしながら、それなりにその日の仕事を終わらせる事をやってました。



どの会社、どの職場でもこういう事ってあると思います。

公平に仕事を与えないといけないんだけど、ホントに公平にすると仕事が回らない。

かといって仕事量の多い人が納得できるほど、待遇面でフォローできない。

そんな葛藤を毎日感じつつも、

その頃のぼくは、頑張ってるのに仕事が出来ない人と、そうじゃない人の違いは、


「手際がいいかわるいか」「段取りが上手いか下手か」「要領がいいかわるいか」


要するに、その人の才能的な部分の違いなんだろうなと思ってました。

人にはどんなに頑張っても行けない領域がある、と。

だから一生懸命やってる人に対しては、


(何でこれ位のこと出来ないんだよ、どんくさいな・・・)


とは思わず、それも個性のひとつだと理解するようにしていました。




マジメで優等生が悪いわけじゃない


しかし、最近ある人の何気ないひと言を聞いて、気付いたことがありました。


そうか!「潜在意識の仕業」だったんだ。

と。


その方はビジネスのコンサルティングをやってる方で、数百人を指導してきた実績があり、

何人も「出来る人」と「出来ない人」を見てきた人です。


コンサル
出来る人は無意識に出来てるから、何で出来ないかが解らない。

出来ない人も無意識に出来てないから、何で出来るのかが解らない。

お互い無意識だから、ずっとお互いを理解出来ないんです。


これを聞いてぼくが気付いたこと。


それは、

頑張っても出来ない人というのは、個性や才能なんかではなく、学生時代にある意味「優等生」「マジメ」だった人が、社会人になってから陥りやすい行動パターンだったということ。


これがどういう意味かは後述します。

じゃあ、学生の頃ヤンチャで不真面目だった奴が仕事が出来るのか?

という話になるわけですが、これも半分当たりだと思います。

起業して大成功を収めてる人が、若い頃は割と問題児だった人が多いのも理由のひとつです。


スティーブジョブズなんて、成功してからも問題児でしたよね?

マークザッカーバーグも、ハッカーでしたし。

ジェフペゾスもかなり先生から嫌われてたらしいです。

あのヘンリーフォードも、自分から学校に見切りを付け中退しました。


みんなの読んで良かった!

他8コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。