「旅人に優しくなれる条件」を考えてみた

1 / 2 ページ

2014年夏

の旅のお話


お盆休みとともに台風も近づく8月


そうだ

名古屋(地元)、

帰ろう


と思いたち

つかの間の帰省旅を

してきました

メンバー紹介!

次男!

長女!!

そして総合司会はわたくしパパ!


思いつきと見せかけながらも

今回は夏休みに

少しでも育児からママを解放できたら

ということで

電車と新幹線を乗り継いで乗り継いで

「はじめてのおつかい」よろしく

パパの奮闘旅

なのであります


子どもと旅をした方なら分かると思いますが

大変なのは移動の道中

電車や新幹線、飛行機といった公共の乗り物に

子どもを連れて行くのはかなりのハードル

しかしこのハードルさえ乗り越えられたら

旅のストレスはだいぶなくなります


だから長い休みの移動は渋滞すると分かっていても

車の方がある意味「ラク」なのです

幸いにも行きの道中は

世間のみなさんからは優しい目線や気配りを頂きました


実際電車なんかに慣れない長女(1歳)がギャン泣きしたとき

は隣に座っていたお姉さまが

パパひとりで大変だねぇ
赤ちゃん泣かないでがんばれ〜〜


なんて応援してくださいまして、他人に優しくされると

みんなの読んで良かった!