『1年間うつ病で自宅に引きこもった派遣社員が 一部上場企業からヘッドハンティングされるまで 第一回目』

1 / 3 ページ

後編: 『一年間うつ病で自宅に引きこもった派遣社員が、一部上場企業からヘッドハンティングされるまで    第二回目』

『1年間うつ病で自宅に引きこもった派遣社員が、一部上場企業からヘッドハンティングされるまで 第一回目』




僕は1年間うつ病で自宅に引きこもっていました。

しかも正社員でもなく派遣社員しか経験したことがないという身分です。

正社員ならまだしも派遣社員でうつで1年間引きこもったら社会的にもう終わりです。

世の中に絶望し自殺寸前の状態にまでなりました。



そんな僕でしたがなんとか社会復帰を果たし、その後一部上場企業(株式会社エディオン)からヘッドハンティングを受け17店舗のエリアマネージャーに就任し500人以上の社員をマネージメントする立場として働くことが出来ました。



このように書くと綺麗なサクセスストーリーのように聞こえますが、実際はそんなにカッコよいサクセスストーリーではありません。

魔法のような成功するためのテクニックがあったわけでも、奇跡的な事が起こったわけではありません。

もしそういう成功テクニックやノウハウを期待されているとこの僕のストーリーはつまらないものかもしれません。



当然ですが派遣社員1年間引きこもったというマイナス地点から、社会復帰してエリアマネージャーになるまでは決して楽な道のりではありませんでした。

涙も枯れるような出来事の連続、地道な努力や様々な苦悩・葛藤の連続でした

その中で様々な事を学び、経験しました。

それをありのまま起こったままの内容を共有したいと思います。



もしも今うつ病で自宅に引きこもっている方、社会に絶望している方、将来にまったく希望が持てない方がいたら

僕のストーリーがお役に立てれば幸いです。




~僕が何故うつ病になってしまったのか~



まずは僕が何故うつ病になってしまったのかお話したいと思います。

ですが、これを話すとすごく長くなってしまいます。

少し長くなりますがお付き合いください。



僕の母親は若いころから脳の病気でした。

現代の医学では治すことの出来ない難病で、20回以上脳の手術を行っていました。

「水頭症」といって頭に水が溜まってしまいそれが脳の血管を圧迫してしまう病気です。

兵庫県神戸市にある「神戸中央市民病院」という日本でも有数の最先端医療を提供している病院の脳外科の専門医でもどうすることも出来ない状況でした。

ちょうど僕が大学を卒業した頃です。


みんなの読んで良かった!