ナイジェリア人の旦那の為にアメリカの警察と戦った勇敢なる日本人妻

1 / 4 ページ

ある日の朝方3時半頃に車の警報が鳴り始めた。ナイジェリア人の旦那は自分の車の警報だと気付くとベッドから飛び起きた。するとなんとベランダの真下に駐車してある愛車から怪しい男がスピーカーを盗もうとしていたのだ!


旦那は直ぐに警察に電話をかけた後犯人を捕まえようと思ったのかアパートから飛び出て行った。私は当時3歳の息子が眠っていたので警察もくるし大丈夫だろうと様子を見守っていた。


しばらくすると警察が来た。そして何がどうなったのか警察は黒人の旦那に怒鳴っている。その怒鳴り声が異様で身の危険を感じたので3歳の息子をたたき起こし私もその現場に駆けつけた。


警察は「なんでこんなくだらない事で俺たちを呼んだんだ!お前が犯人だろ!」などと訳の分からない事を旦那に向かって怒鳴りちらしていた。


私はとにかく震えて怖がっている巨体な旦那を守ろうと銃を持った警察の前に立ち恐れもせずに怒鳴り返した。


「なぜ主人を疑っているのですか?数週間前にも同じ事件がこのアパートの駐車場でありました。なぜ犯人を追いかけないのですか」とにかく必死に訴えた。


警察は怖がっている旦那を鼻で笑っていた。



私はその時程人間の汚さに嫌気がさした瞬間はない。


そう、これは正しく人種差別!


旦那曰く彼はナイジェリア人でアフリカ系アメリカ人、黒人ではないとい主張しているが周りからは勿論黒人と差別される。


アメリカに住む黒人にも差別される彼。それは彼の発音が違うから、教養が高いから、そして白人にも勿論差別される。私は今まで黒人の方と付き合った事はなかったのでアメリカには長く住んでいるが人種差別はあまり体験していなかった。でも5年間の付き合いの中で何度も彼に対する人種差別を目の当たりにして来た。


ナイジェリアではヨルバ族、イボ族、ハウサ族など色んな民族があって民族間の差別が酷いそうで旦那はイボ族だがヨルバ族の先生にいじめられたりして彼曰く同じ肌の色でも差別問題が根強いので肌の色が違ったらそれはもっと酷になるよ、といつも言っているが私には今一別世界でどこまで人種差別が酷いのかあまりピンとこなかった。



でもその夜、警察がしていた旦那に対する人種差別はあからさまでその瞬間の恐怖といったら背筋に寒気が走るのとは違う感覚だった。


何かが自分の中で死んだ様な感覚。血の気が引いた後に沸点を越える程の熱い血が恐怖と絶望と怒りと共に体内を津波のごとく押し寄せる感覚と説明したら理解して頂けるであろうか。



警察2人組はきっとこの黒人に日本人妻と子供がいてまさか小柄な日本人女性が自分の前に開かって怒鳴り返すとは予想していなかったであろう。中年の太った警官はアジア人女性と子供の前で黒人を虐められなくなってがっかりした様子だった。



旦那は巨体だが小心。そして彼は本当に恐怖に怯えていた。



でも警察はそれを完全にコケにしていた。そして旦那がここからもう引っ越したいと言うと警察は「THEN MOVE! じゃあ引っ越せ!」と怒鳴ってきた。


私はまた警察に怒鳴り返し「頭金もいるし簡単に引っ越せるものではないです!」と言い返すと「このアパートの家賃は安くないだろ!」とまた怒鳴ってきた。


なんだこのオヤジ!!


みんなの読んで良かった!