芋との戦い

実家に訪れると手ぶらで帰らないというナイジェリアの習慣があっていつもナイジェリア料理を頂いたり飲み物を頂いたりして帰宅する。


私は色々問題のあった妊娠生活と帝王切開、その後の痛みなどではっきり覚えていないが多分4、5ヶ月前実家から大きな芋を持って帰ってきた旦那。


何とかヤムという大きな芋でこれはナイジェリア式に料理するととても美味しいとの事。


私も旦那が料理する機会は年に片手で数えるぐらいしかないのでその芋を食べられるのを密かに楽しみにしていた。



だが、、、、、、、、



いつになっても全く料理しない、、、、



そしてその巨大な芋はパントリーに放置され、、、、、、



だんだん、、、、、、だんだん、、、、だんだん、、臭くなってきた。



「ねーこれいつ料理するの。ちょっと臭いよ」と言ったのが数ヶ月前。



でも旦那は親からもらったんだから僕の物だ!僕の所有物なんだから放っておけ!と逆ギレ。その後なんどもなんども臭いから捨てて、臭すぎる!と訴えたがなかなか捨てない。



そしてその芋の話になるとなんどもイボ語で「ノンワヨ(うるさい・だまれ)」と言ってくる。



私は帝王切開後二人の子育てや痛みや仕事で大変だったのでもう芋騒動で喧嘩する気力もなく巨大な芋はパントリーに放置され、、



そして忘れさられていた。




ようやく完治し爽やかなアメリカの夏をエンジョイしていた最近、なんだか小さな蛾が壁に張り付いていて嫌だなと思ったが特に気にはとめず何匹か殺した。アパートは森に囲まれていて虫が多いからベランダの網戸を開けた時に小さな蛾が入ってきたのかな、、、玄関のドアにいつも蛾が沢山いるからドアを開けた時に何匹が入ってきたのかな、、、、



ここ数週間はそんな自問自答を繰り返し、、、、、、



蛾を殺していた。。。。。




が?!!!??!




数日前パントリーから食料を取ろうとすると、、、、、、



少なくとも20匹ぐらいの蛾が襲撃してきた。



キャーーーーーーと叫ぶと旦那はどうしたんだと聞いてきた。。



よくよく観察すると、、、、、、、、


ぎょっえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ナイジェリア芋から蛾がウヨウヨ飛び出してきている!!!!!!!!!!


もう気絶しそうだったがこれも2ヶ月の愛娘と5歳の息子を守るため!!母は強し!と自分に言い聞かせ何とか巨大な芋を恐る恐るゴミ箱に捨てた!(私は凄い!!)



そして沢山の蛾は一気に飛び回りキッチンの天井や壁にはりついた!!


恐ろしすぎる〜〜〜〜。。。。。





私はもう火山爆発状態で旦那に


「だから捨てろ!って何回も言ったでしょ!!!!!!臭いって言ったでしょ!」


と叫んで蛾退治に協力しろ!!と訴えたがなぜか逆ギレしてiPhone6プラスで黒い顔を覆い完全無視!!!!!


なんども叫んで お願い!!!蛾退治一緒にして!もう殺しきれない!!と叫んでも親に怒られてしょげた子供のように現実逃避でゲームに熱中し叫ぶなと指図してくる!


う〜〜〜ん ムカつきすぎる!!!!


そして大量の蛾退治に奮闘する私を無視してソファーに座っている憎きナイジェリア人を横目に勇気とペイパータオルを持って私はキッチンカウンターによじ登り天井に飛び散った蛾退治に、、、、


が?!!!??!


上手くいかない。


トイレットペーパーやペーパータオルで取ろうとするが逃げる!そして逃げ先が私の腕。。。



もう悲鳴を上げ旦那の名前(ニックネーム)を連呼


オビーーー オビーーー オビーーーーー



10匹ぐらい殺した後も憎き旦那はまだiPhone6プラスにくらいついている!!



もう最高潮にキレた私は滅多に呼ばない彼のファーストネームを発狂した!!!



チュクウンウィケーーーーーーーーー!!



それでもびくとも動かない!



もう彼の蛾退治助っ人は諦めトイレットペーパーを水に濡らして蛾を捉え四方八方から抑え込む。

そしてトイレに直行、流す、、、



これをなんど繰り返したことか(涙)



蛾退治YouTubeでも落ち着いて観るべきだったのかもしれない


が?!!!??!


もう怒りとパニックと蛾騒動でそんな余裕も勿論なし。


これはもう絶対ブログに書いてやる!!と思い5歳の息子を呼んで天井にとまっている大量の蛾退治に奮闘する母の写真を撮ってもらった!!


翌日もフライパンの下に隠れていた蛾、トイレや息子の部屋に隠れていた蛾と戦った。そして今このブログを書いている時もスクリーンの前を優雅に蛾が飛んで行った。(号泣)



もうお願いだから実家から何かもらってくるのはやめて欲しい。


ナイジェリア人との国際結婚ブログ

著者のLove Juriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。