ネットを居場所として生きる子供達 -ネットで生きた私から-

1 / 3 ページ

私のネット人生はこうして始まった。


父はパソコンを修理する仕事をしていた。

そのせいか、私が小学4年生の時点で自分のパソコンを持っていた。


小学校の時はインターネットには繋がってなく、

CD-ROMで英語の勉強をしたり、

アクセサリに入っているカードゲームをしていた。

その頃はそれで十分楽しかった。


けど、段々と物足りなくなっていった。





そして、私は中学に入学した。





中学に入学したら父はインターネットを繋げてくれた。

それが私のネット人生の始まりだった。


最初のうちは検索エンジンで気になるワードをただ調べていた。

時には、ブラウザゲームをしてみたり。



そんな時、ふとあるサイトに出会った。


掲示板


そこの掲示板は、とても数多くのカテゴリに分かれていて

小学生掲示板、中学生掲示板・・美容掲示板などなど、

様々なページがあった。



その時中学生だった私は中学生掲示板を見てみた。

するとその掲示板は今までの掲示板のイメージとは違った。


普通掲示板と言えば、

メッセージを書くと、それに返信が来るまでには1時間や

1日かかるものが普通だった。


だけど、その掲示板は違って

2,3分すればすぐに誰かからの返信が返ってくるぐらい

人が沢山居座っていた。

まるでチャットをしてるかのように。


普段、私は掲示板は見て終わる人だけど、

その日はなんだか書き込みたいと思った。


なので試しに書きこんでみた。



こんにちは



返信が来るまでの間は凄くドキドキしていた。

沢山の人が居るからきっともう皆仲が良いんだ

それなのに急に入ってきて無視されないだろうか・・


なんて、気の弱い私は今にも逃げ出したかった。


すると数分して



こんにちは!初めまして!



っと返信が来た。

その時の私はとても舞い上がっていた。

やった!返信が来た!


その返信の相手は「あい」と言う女の子だった。



人見知りで気の弱い私だったけれど、

顔が見えて無いなら大丈夫と思って

思い切って色々と話かけてみた。


すると、色々話していくうちに

あいは同じ中学1年生なんだとわかった。

そしてその日は平日のお昼だったので、

学校が気になったが、あいは学校に行ってないらしい。


ちなみに私はその日午後から

球技大会の応援があったからその時間に居た。

なので、少しして出かける時間になったので

その時はさようならをして掲示板を閉じた。



掲示板民の一員となった


そうして、球技大会から帰ってきた私は、

真っ先にパソコンの電源を付けた。


私が使っていたパソコンはとても古い物で

起動までになんと15分もかかるオンボロだった。

だから、その起動までの間に着替えなどを済ませた。


いつもは、その着替えは「だるいなあ」と思いながら

やっていたけれど、その日は違った。


ウキウキしながら着替えをしていた。

そして着替えや、家事の手伝いを終えると

すぐさまパソコンの前に座った。


そしてすぐさま掲示板の名前を打って

掲示板に行った。


水色を基調とした、涼しげなデザインとは裏腹に

掲示板民たちは楽しく話をして盛り上がっていた。



けど、その場にあいはいなかった。



少し、残念だなと思いながらも

掲示板にまたメッセージを書くことにした。



みんなの読んで良かった!

他2コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。