2015年1月8日お昼前から僕に起きている事:第4楽章:【そもそもゾーンって何よ?】



ゾーンに入ったからといって、

急にオーラが見えたり、

あちらの世界?の声が聞こえてしまったり、

見えてしまったりする事は

今の所、僕にはありません。



僕にとって、

目に見える世界は、

今までと全く同じなのですが、



感覚や認識については、

明らかに自分の感度が上がった事が

実感できています。



つまり、

ゾーンとは


感覚や認識力がグッと上昇する事



だと僕は思っていたりします。



きっと、

このゾーン体験は

人それぞれの感覚や認識ですので、



他人が何を考えているのか

分からいないように、



この感覚を

お伝えするのは、

極めて難しいと僕は感じております。



しかし、

統計学的に考えると

それぞれの方が

完全にバラバラだという事は考えられにくく、

特定のグループで

共通パターンがあると僕は思います。



僕の場合は一気に「バーン」

と展開された感じでした。



僕と同じゾーン体験をした方もいると思いますし、

漫画・「黒子のバスケ」の

キセキの世代のように

水の中に沈みながら、

ゆっくり扉を開けてゾーンへ入る方もいるのかもしれません。



ゾーンに入る事によって

今までは、それぞれを「点」

として理解していた事が

一瞬でそれらの点が繋がった事によって

まず「線」として2点の関連性が

理解できるようになり、

その線ともう1点が繋がる事で、

今度は「面」としてその関連性がより広く

理解できるようになりました。



そして、

それらの面と次の点が

縦軸上で繋がる事によって

立体となり、

立体となることで、

それらをどう活かせば良いのかといった

応用編のやり方が「感覚」として理解できました。



たぶん、この繋がりが継続すると

「球」になるのだろうな〜?

といった感覚を持っていたりします。



さらに、

立体となると、

僕を頼ってくださる方の

問題解決の為に僕が動いた時に、

きっと現段階では最良だと思われる

アイデアや回答が

自動的にインストールされて

口から言葉となって出てくる・・・


このような感覚や認識力が強いのです。



医学において、

原因が分からないのに、

治し方は分かっている事例があるように、


なぜだかは、

まだ分からなのですが、



ゾーン =  過去の誰かの成功体験

ゾーン =  今この瞬間の誰かの成功体験

ゾーン =  将来の可能性の成功体験


を感じ取れている(認識できている)


この関係が起こっていると

僕には思えて仕方がありません。



実際に

その体験をした事がなくとも、


知っています = すべて理解しています = 体験しています


こんな感覚です(笑)



まとめますと、

僕が考えるゾーンとは、



感覚や認識力がグッと上昇する事によって、
その時点でのベストな判断や行動が無意識にできる。



これって、

かなり熱くないですか?


ただし、

ゾーンも万能ではないのです。


この辺りを次回にお話しますね。



毎日が新しい冒険。

サッチェルより

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。