2015年1月8日お昼前から僕に起きている事:第3楽章:【ゾーン後の世界とは?】

2015年1月8日のお昼前から、

僕は、毎日ワクワクする冒険をしています。



・良い事も

・悪い事も

・辛い事も

・楽しい事も

・悲しい事も

・感動する事も



そのすべてが僕の冒険。



でも、ゾーンに入ったからといって、

見える景色が突然変わってしまったなんて事は、

僕は、ありませんでした。



映画マトリックスのネオように世界がデジタル数字の羅列に

見えてしまうなんて事は僕には起こっていないのです。



オーラが急に見えるようになったとか。

あちらの世界と急に繋がってしまったとか。

壁をすり抜けたとか、空を飛べたとか、ご飯を食べなくても平気になったとか、

テレポーテーションができたとか・・・・



このような目に見える変化は一切ないのです。




僕にとっては、

見える景色は今までとすべて一緒。


何も変わりません。



もちろん

オーラが急に見えるようになったとか。

あちらの世界と急に繋がってしまったとか。

壁をすり抜けたとか、空を飛べたとか、ご飯を食べなくても平気になったとか、

テレポーテーションができたとか、


・・・・な事もあるのかもしれません。




僕が言いたいのは、


1、僕にはそのような体験はなかった。

2、見える景色がガラッと変わったらダメとか、

逆に見える景色が変わらないとダメといった、お話でなない


という事です。




僕の感覚としては

片方が良いなら、もう片方はダメといった二元性は、

ある一部分の世界にしか適用されない法則だったりルールだと

感じております・・・・





ただ、僕にとって

明確に以前と変わった事があります。


それが、自分の「感覚」や「認識力」。



きっと僕自身にしか分からない内面の変化です。



実際にその体験をした事がなくとも、


知っています = すべて理解しています = 体験しています



こんな感覚です(笑



あなた
サッチェルさん!実際に体験していないのに体験??矛盾していますよね!?



はい。僕も、2015年1月8日の朝まではそのように思っていました。(キッパリ



ただ、

この矛盾が実は矛盾でない事が

感覚として理解できた事で、



僕にとっての

この世界の感じ方がガラッと変わりました。





今日はどんな出会いが待っているのか?

今日はどんな人と新しく繋がれるのか?

今日はどんな困難が出現してしまうのか?



未来に

一体何が起こるから分からないから、

冒険なんだと僕は思います。



そして、

今日をありのままとしてしっかり認識できる人物こそが

冒険王だと僕は思います。




「冒険王に俺はなる!!」




この世界はすべてが美しい。


毎日が新しい冒険。

サッチェルより



【サッチェルとは?】


肩書き:

「冒険家、相談員」


趣味=仕事

道楽=貯金

好きな言葉=節約


著者のサッチェル サカイさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。