☆滅ぼし物語☆2期2章

1 / 4 ページ

☆滅ぼし物語☆2期

第2章

フィリニアの過去を終わらせるべく、ソルは再び不思議な世界へと入る。ソルとハルトは光の扉を抜けて広い草原に着いた。その後、大きな音とともに再び動き出した時間・・・。ソルたちはとりあえず街を探すことにして草原の道を進み始めた。

この物語は不思議な世界に再び入りこんだソルが過去を旅するストーリーである。

1話(道の先に)

辺りがハッキリ見えるようになった道を歩き続けるとうっすらとトンネルが見えた。

ソル「ハルト、あそこにいってみるか。」

ハルト「そうだね」

話しをしつつ歩き続けてトンネルの近くまで来た。人間2人が同時に通れるようなトンネルで、その先からなにやら寒い風が吹いている。

ハルト「ちょ、この奥どうなってるんだ?」

ソル「行ってみないとわからないから。あ、もしかしてハルトびびってるのか?」

ハルト「違うから。興味が湧いただけだしw」

ソル「なら、行こう。」

ソルはトンネルの中へと進みだし、ハルトはその後ろを歩く。やがてトンネルを抜けると寒い風の正体が明らかになる。

ソル「雪が降ってるぞ!」

ハルト「まじかよ〜。俺は制服だぞ!」

ソル「自慢気に言うなよ。ま、俺は家で着替えてあるから問題ないけどな」

ハルト「お前、以外とずるいやつだな」

話している最中、雪は段々強くなって道を雪が塞いでいった。

1話 完

2話(雪が降る街)

ソルとハルトはひたすら雪道を歩いた。しかし、街らしき影は見えなかった。

ソル「おかしいな・・・俺たち迷ったのか?」

ハルト「冗談は止めてくれよ〜」

そんな時、後ろから人影が見えた。その人影は段々こちらへと向かってくる。

???「あの・・・どうかしましたか?ここにいたら風邪引いてしまいますよ」

ソル「道に迷ってしまったみたいで・・・ここから近い街はどこですか?」

???「そこの道をあと200m程 歩いた先にマルーナ街がありますよ。よかったら一緒に来ますか?」

ソル「じゃあ、お言葉に甘えますね」

ハルト「ちっ、急に丁寧になりやがって・・・」

出会ったのは髪が黄色のロングヘアーの女の人だった。眼鏡をかけていて、優しそうだ。

ソル「お名前は?」

???「マルーナ街に着きましたよ。私はこれで失礼しますね」

名前を言わずに立ち去っていった。マルーナ街は一年中、雪が積もっている街らしく、当然ながら気温はマイナス4度くらいだ。

ハルト「し、死ぬぅ!」

ソル「落ちつけよ。俺だって寒いんだからな」

ソルはお金を持っていない。宿を探しても意味はなく、ソルとハルトは街の中を彷徨うように歩いた。

ハルト「俺、もう眠いよ。」

ソル「おい、街の中で死ぬとか凄いカッコ悪いぞ」

ソルはハルトの顔に平手打ちをする。鈍い音を立てながらハルトは眠気を飛ばした。

ハルト「おい、酷いな。」

ソル「仕方ないだろ」

寒い街の中を歩き続けると大きな建物が見えた。

2話 完

3話(魔法学園)

ソルとハルトはもう歩く体力は残っていない。仕方なく、丁度見えた大きな建物に泊まらせてもらえるようにチャイム?を鳴らした。

(チャラララ)

ソル「誰かいませんか?俺、いや、寒くて死にそうなんです。中に入れて下さいませんか?!」

そうするとドアの開く音とともに1人のおばあさんが現れた。杖に帽子と本を持っており、魔法使いだと確信する。

アラウネ校長「いらっしゃい。ここは寒かったろう。では自己紹介をしましょう。私はここ、マルーナ魔法学園の校長をやっています。以後、お見知り置きを」

ソル「俺、いや、私はソルです。」

ハルト「ハルトです。」

ソル「ふぅ〜ん、ハルトも丁寧にできるのか〜(ボソッ)」

アラウネ校長に案内され、校長室に入る。そして暖かいお茶を出してくれた。

ソル「ありがとうございます。」

ハルト「サンキュー」

ソル「さっきのはまぐれか(ボソッ)」

暖かく優しい雰囲気の部屋はソルとハルトの気持ちを落ち着かせてくれた。外の寒さとはまるで格が違う。

アラウネ校長「で、あなたたち。なにしにここへいらしたのですか?」

ソル「は、はい...それが」

著者の高橋 ひろりんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。