第5話:絶対に満たされないコップ|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

2 / 2 ページ

前話: 第4話:独立なんて絶対無理|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語
次話: 最終話:自分の未来は自分で作れる|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語





もんもんとしながらスマホを眺めていた。



色々見ているなかであるブログに出会った。



衝撃が走った。



「成功者になっても幸せは手に入らない」



=========================================

成功したら、人から認めてもらえれば、自分が満たされていくんじゃないか?

成功者と言われる人はたくさんいますが、心の底から楽しいか?

=========================================



このブログを読んだときに胸がざわついた。

なにか自分がみたくないものを見てしまった感覚。

そのまま読み進めるとこんな記事が会った。




以下引用。


============================

思い込みに基づいて、

本音の自分、ピン!感覚を抑えて

西洋的な自己啓発メソッド満載の

【目標達成】【目指せ成功】的なものとか受けると、

めっちゃしんどくなるんです。


『やらなきゃいけないことだから』
『やるべきことだから』
『やりなさいと言われたから』
『やっておけば褒められるから』
『やったら人から認められるから』



人から嫌われちゃって、

寂しい思いをしちゃうの。

それが怖くて怖くてたまらないの。

※ここで言う人とは最初は母ですね


そうやって、

ネガティブな感情を抑えるために

そう思い込んで行動してるだけ。

============================




あ、

あああああ。。。。


全部気付いてしまった。


そう、結果を出すのは楽しかったけど

もともと親を見返したかった。

親に認められたかっただけなんだ。



「なんでお前はこんなにできないんだー!」

「こんなこともできないの・・・?」


大人になって成功したら満たされると思っていた。

成功したら振り向いてくれると思ってた。


でもそんなことは絶対ない。


コップは埋まらないんだ。


自分が不安・不満の世界を作り出していただけなんだ。

ただそこから抜け出したかっただけなんだ。

でも一行一行に抜け出せない。

なんとなく感じていたけどその真実に気付きたくなかった。


自分が寂しいってことを認めたくなかった。



ほんとは結果が欲しかったんじゃない。

認めてほしい寂しさからきてたんだ。


そう自分は寂しかったんだ。



※写真はイメージです


両親に愛されたかった。

ほんとはシンプルそれだけなんです。



それから

浜辺でただただ泣いていた。


==================================




それからは無理に仕事を突っ込むのをやめました。

自分の気持ちいいことだけをワクワクすることだけを

やっていく。


そう肚で決めました。



そしてそこから幸せとはなんだろう。豊かさとはなんだろう。


そこを探す・思い出すプロセスに移ります。

つづく。



いよいよ次で最終です。

幸せを思い出す最後の物語。

(こばけん)


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


小林謙太郎(こばけん)


動物占いは狼/1988年生まれ。

陰陽五行は水の弟。

座右の銘は「幸せ・自由は思い出すもの」


■現在の活動


01 web制作・コンサル事業

Kobaken Official Web(事業サイト)

http://tsukurumon-web.com/


02 好きなことを事業にするスモールビジネスコンサルティング

http://kokoroodoru-job.com/service


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲







続きのストーリーはこちら!

最終話:自分の未来は自分で作れる|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

著者の小林 謙太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。