大学で指名手配された僕が、風前の灯火から脱却した話。

1 / 5 ページ

僕の大学生活を一言で表すとしたら、

麻雀廃人である。



僕が麻雀を始めたきっかけは単純明快、

友達ができなかったからである。


大学進学をきっかけに四国の

片田舎から大阪に来ていた僕は、

同じ進学先に一人も友達がいなかった。


最初は友達ぐらい何とかなるだろうと、

軽く考えていたが、

そんなことは決してなかった。


大学生活が始まって一週間がたって、

2000人程同期がいるはずの大学生活において

僕の周りには友達が2人しかいない

という悲しい現実が待っていたからだ。


僕は人とのコミュニケーションが

めちゃめちゃ下手だった。


初対面の人と話すときは、

二言喋るとだんまりしてしまう。


次に何を喋ったらいいか分からず、

あとはひたすら時が経つのを願うばかりの、

要はコミュニケーション障害

という難病を患った悲しいヤツだ。


女性と話すときなんてもうヤバい。

笑顔を作ることすら全然できなくて、

表情は常にひきつっていた。


『川田の笑い顔ってキモイよね。』

っていうひそひそ話を耳に

してしまったことは、

今でも記憶に残っている。


関西人のコミュ力には、

圧倒されるばかりである。


僕が話に介入できる余地なんてちっともなく、

ただただ孤独を感じる日々が続き、

気づけば一週間が経過していた。


乗り遅れた感が常に半端じゃない。


そんなある日、

アウトドアサークルの新入生歓迎会

があるというチラシをたまたま目にした。


藁にもすがる思いで勇気を振り絞って

行ってみることにした。


そこで、

初対面の2年生の先輩に

たまたま声をかけられる機会があった。


2年の先輩
お前、麻雀とかできる??
はい!できます!!
2年の先輩
まじで!アツい!!
じゃー今日人足らんっぽいから、
徹マン(徹夜での麻雀)やろーぜ!!
はい!!どこでもお供します!!


即答だった。

と、いいつつも麻雀なんて初めてである。

もちろんルールなんてぜんっぜん知らない。

麻雀牌も人生で初めて触れたのだった。


右も左も分からないままボロボロに負け、

僕はその日2万円ほど失った。


しかしなんだか嬉しかった。

全く友達ができなかった僕に、

その日一気に4人も、

先輩という存在を手に入れてしまったからだ。


僕はその麻雀という

コミュニケーションツールの力を知り、

味を占め、力を借り、

先輩や友達を作っていこうと心に決めた。


気づけばどっぷりとハマっていく自分がいた。


・・・・・・・・


欲望のままに毎日授業をさぼって

ずーーーーーーーっと麻雀をしていたこと。


朝、

出席がある講義だけ10分間受講して抜け出し、

その日の昼から次の日の朝まで麻雀。


また次の日の朝出席カードを提出後、

仮眠をとってまた徹夜で麻雀。


麻雀をやりすぎて中指の第一関節辺りに

でっかい麻雀ダコができたこと。


麻雀しかやってなかった成果、

一年生の後期は英語の2単位以外

すべて落としたこと。


つぎ込めるだけ麻雀に

時間をつぎ込んだものの、

どうしても先輩や友人に全く勝てなかった。


どうしても麻雀で勝ちたいと思って、

ひたすら麻雀の勉強をし続けるが、勝てない。


それでもどうしても勝ちたいと思い、

ある禁じ手を使った。



インターネットやマンガからイカサマを学び、

一人で夜な夜なひたすら家で

イカサマの練習をするようになった。


熟練してきたところで先輩や友人に使う。

著者の川田 晃也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。