お金もないのに憧れのウェディングドレスを貸してくれたハツコエンドウ

1 / 7 ページ



持ち金数万円。
そんな私たちが、創業110年、皇室の挙式も手がけた歴史と格式あるハツコエンドウのウェディングドレスとタキシードを纏って、仙台で結婚パーティーを開いてもらうことが出来ました。
近年では市川海老蔵さん麻央さんの婚礼衣装とヘアメイクなども手がけた一流のブランド。


普通ならあり得ないことだらけ。奇跡的と言えることの連続でした。

なぜそんなことになったのか。
ハツコエンドウがなぜ協力してくれたのか。どのように協力してくれたのか。
それをお話したいと思います。





お金が無くなっていったわけ

そもそもなぜお金がそんなに無い状況になっていったのか。
私は一部上場企業ってやつに勤めていました。が、以前のパートナーの入院・治療費やその後の後始末など、多額の借金もありました。
人を看取るという経験の後、生気無くただただ日々を過ごすという生き方をやめ、悔いなく生きようと決意。何かのお役に立ちたい思いでボランティア活動など初めました。
2011年の東日本大震災の後には、地元仙台の企業や女性を応援するためにさまざまなイベントを行っていた会社を応援するため、資金を提供したり頼まれた事務作業などをお手伝いするようになりました。

そして2011年12月末に勤めていた会社も辞め、そのお手伝いにますます力を注いでいきました。


そんな時出会ったのが今の主人でした。
いつしか2人でカフェに行くようになり、食事をするようになり。
あまり人と長時間いることが得意ではなかった私たちでしたが、気がつけば4,5時間経ってたなんてザラでした。



一緒にいても疲れない。話さない時間も気にならない。
それでも初めは互いに恋愛感情に気づいてませんでした。
そんなある日、2人共が師と仰ぐ方から電話をもらいました。そして、へっ?と思うことを言われます。

人はお互いが自分のなすべきことに向かうとお互いを補い合う関係ですよ。

意識したのか、その後交際するようになるまでそんなに時間はかかりませんでした。


そして2012年9月末、私たちは一緒に住み始めたんです。
しかしセミナーやイベント開催費用や準備費を提供したり、イベント準備のため出張したりするうちに、生活資金もままならなくなっていきました。
それでもお米をいただいたり、果物をいただいたり。
そんな心遣いくださる方もいらっしゃったりして、イベント開催で喜んでいただけてる様子を見ると嬉しくて、そのイベントが大きな広がりを遂げられるようにと活動を続けていました。





ハツコエンドウとの出会い

そんな時、東京に来て手伝って欲しいとの声がかかり、私だけ東京に行くことになります。

2013年6月のことでした。なるべく安いホテルに泊まりながら、友人を手伝っていましたが、金銭的にもかなり厳しい状況。彼は仙台。初の遠距離。

1週間もするとかなり焦燥感にかられていました。何を見ても何をしても楽しくない。。



2013年6月28日。
夜、丸ノ内のパレスホテルに呼ばれました。
地下鉄大手町駅で降り、地下通路を歩いてパレスホテルへ。
初めての場所だったので、キョロキョロしながら歩いて行き地下のショップ街に入り歩いて行くと、
一番奥の正面になにやらすてきな雰囲気を醸し出すお店が。


そのウィンドウにディスプレイされていたものを目にした瞬間、思わずハッとして足を止めて両手で口を覆ってしまった私。息が止まるかと思うほど。


ディスプレイされていたのは、ウェディングドレス。

一歩、また一歩とそれに近づいていくと、ショーウィンドウにはHATSUKO ENDOの文字。



みんなの読んで良かった!