【蘇った愛♡私の孫はアメリカ人】〜命の数だけある命の迎え方・日本人バアバが見たアメリカ出産事情〜20万分の1の奇跡の物語☆

2 / 9 ページ





                **********


           



「Nana・・・ Coco maybe broke the water…」


2月24日未明の2時半、リビングのソファーベッドで寝ていた私は

ジャスティンに起こされた。


「ん?」


寝ぼけていた私は一瞬、英語だったし、何が起きたのかわからなかった。


ブローク・ザ・ウォーター?

え? 破 水? 

(不覚にも私はこの瞬間まで、破水という言葉を英語で知らなかった!)


「ココを見てもらえる?」


そうだ!私はココたちのアパートにいるんだ!


24日の午後に帝王切開の予定になっていたので、私は前夜から泊まっていた。


洗面所に行くと、床が濡れている。


バスタオルを腰に巻いて、ココが蓋を閉めたトイレに座っている。


「どうしたの?」


「破水したみたい…。はじめ、まさか、おしっこ?と思ったけど、その直前にトイレに行ったし、どんどん出てきて、止まらないの」


娘は震えていた。


「ジャスティン、病院に電話して!」


予定外だが、出産はどんな形で始まるか、わからない。


さあ、いよいよだ。


行くぞ!


*****


もう、娘のココのお腹はパンパン。はち切れそうだった。

ちょっとスローダウンしてちょうだい、と頼んでみたものの、

赤ちゃんはどんどん大きくなっていってしまった!

            


娘のココの赤ちゃんは、お腹の中で大きくなりすぎた、ということで

2015年2月24日の午後1時半から帝王切開の予定になっていた。


ココは妊娠前、40kg しかなかった。

細い体だから、よけいに出てきたお腹が目立つ、ということもあったが、それでも、これは育ちすぎちゃう?!と思えた。





23日の午後、娘の出産に付き添うために、雨の中、私はセドナからフェニックスへ向かった。

約2時間のドライブだ。


その夜、娘のココと彼氏のジャスティンに私がディナーを作り、みんなで夕食。


娘は結構食欲もあり、手術を控えているので翌日の未明3時以降は、なにも食べられないし、水も飲めないこともあり、しっかり食べてくれた。


むしろ、彼氏の方が緊張してしまって、あまり食べない。


見かけによらず、結構、繊細なんだな。


経済的な不安、父親になることへの不安、帝王切開ということへの不安…。

体から湯気が出ているかのように、彼からそんな空気が伝わって来る。


それに加えて、彼にはめっちゃ可愛がっている愛犬のチワワがいる。

         


     



とても甘やかされて育ったために、赤ちゃんが来たら、嫉妬するんではないか、という心配も。



まあ、それはともあれ、明日は手術、ということで

早く寝よう、と11時には寝たんだけど・・・



午前2時15分:

突然の破水。


2時半:

私も起こされ、病院に連絡。

慌てて出かける準備を。


3時10分:

病院へ出発。

ココはすでに陣痛が始まっていた。


3時半:

病院に到着。

手術の控え室に入るとすぐにガウンに着替え、赤ちゃんの心音を測る機械と

ココの陣痛をモニターする機械がお腹に取り付けられた。

腰の下には、どんどん出てくる羊水を吸い取るためのシートとタオルがあてがわれる。


少し出血はあるが、羊水の色はクリアだ。

大丈夫!

看護婦さんもチェックしてくれた。

病院について、ココも少し安心した様子だった。


     



それにしても、最近の設備はすごいなあ・・・


陣痛をモニターする機械があるのは知らなかった。

私は二人の子どもをお産婆さんにあげていただいたので、

病院での出産は初体験だし、もう二十年以上前の話だし・・・(汗)


著者のSuzuki Nanaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。