【蘇った愛♡私の孫はアメリカ人】〜命の数だけある命の迎え方・日本人バアバが見たアメリカ出産事情〜20万分の1の奇跡の物語☆

4 / 9 ページ

「フー、フー、フー、フー」


痛みを逃す娘の眉間にしわがよる。


「リラックスして」


私は、ココの眉間を親指で撫でた。




ココを産んだ時、お産婆さんが陣痛を逃す私に言ったことを思い出す。


ナナちゃん、目を開いて!



え?  あの・・・痛いんですけど・・・苦しいし・・・無理!


一瞬、そう思った。


しかし、眉間にしわがよるほど、ぎゅっと目をつぶると、体がこわばり、もっと痛みがますのだ。


だから、無理やりにでも、目を開けると、自然に体がリラックスする。

そして、体がリラックスすることで、痛みも和らぎ、陣痛の波に楽に乗れるようになる。


そのすべてが、なんだかコメディみたいな感じがして、陣痛を逃しながら笑いそうになったのを覚えている。


私は、こうして苦しいながらも、陣痛は赤ちゃんから送られてくるメッセージだ、と思いながら、陣痛の波乗りサーフィンをした。(楽しんだ、と言ってもいい)


私が出産したころは、ラマーズ法が流行りで、

ヒーヒーフーという呼吸を意識したが、最近はただ、フーフーと

深く呼吸することでいい、ということらしい。


ヨガの呼吸法とかも役立つようだ。



看護師さんが来て、陣痛の波を乗り越えたばかりの娘に

「痛み止めを処方しましょうか?」と尋ねた。


点滴の中に入れるらしい・・・

(病院って、陣痛に痛み止め処方するの?と、私は内心驚いたが・・・)


でもココは、「大丈夫。要りません」と断った。


私は心の中で、よし!と叫んだ。


陣痛は赤ちゃんとの会話なのだから、ちゃんと感じてほしいと想ったから。


いいぞ、ココ!! 

フー、フー、フー

力を抜いて頑張れ!



7時すぎ:

陣痛の波が大きくなる。

モニターの数値も、ピーク時で80を超えるようになってきて、それがなかなか、50以下にならない。

陣痛の間隔はまだ4〜5分くらいだが、陣痛自体の時間が長くなってきたのだ。



7時半:

看護婦さんがやってきた。



今、ドクター・ゴウリキと連絡が取れて、執刀してもらえることになったわよ。

よかったわね!


彼女も嬉しそうに、笑顔でそう伝えてくれた。


「Thank you!!」


ココも安堵のため息をついた。


やった!

この子は、なんて強運の持ち主なんだろう!


手術は8時半すぎになると告げられた。


7時半と9時半にも、帝王切開の手術が予定されているので、その合間に・・・と。


アメリカの大病院だと、そんなに帝王切開があるの??


この病院では、毎日平均5人くらいの赤ちゃんの帝王切開の出産があるそうだ。


アメリカの医者は、すぐに切りたがる、と聞いていたが、ドクター・ゴウリキは、できるだけ普通分娩を勧めている。


娘が無痛分娩を希望した時も、陣痛が感じられないほどは処方しない、最小限でやりましょう、と言っていた。


しかし、それにしても、スケジュールされている帝王切開がこんなにあるなんて、改めて、良いとか悪いとかいう意味ではなくて、すごいなあ、と思った。


(それに、ここは全室個室なのだ。病室、足りるの?いったい何部屋あるんだろう??という疑問もあったが、毎日、退院する人たちもいるからなんとかなっているんだろうか?)


看護婦さんと入れ違いに、東洋系男性の麻酔医がきて、下半身だけの麻酔について説明される。


もうここまで来たら、ココと赤ちゃんの無事を祈るしかない。


ココよりも、傍にいるジャスティンの方がオロオロしているように見えた。


出産に関しては、女は、動物的に本能で肝がすわる。


でも男には、どう転んでも出産はできない体験だから、まあ、無理もないかもしれない。



7時40分:

陣痛のピーク時の数値が85を上回るようになる。

ジャスティンがココの手を握って、サポートしてくれている。


陣痛の波が収まるのを見届けてから、私は部屋からでて、数分の間、外の光が入る2階のロビーから毎日続けているご来光瞑想に・・・


万感の感謝とココと赤ちゃんの無事を祈った。



8時15分:

ドクター・ゴウリキ到着。

名前の雰囲気とは違って、肩までの髪をポニーテールでまとめた小柄の可愛い先生だ。

彼女に娘と孫を託すのだ。


ココのお母さんですね?



そう言って、握手を求めてきてくれた彼女の暖かな手を、祈りと感謝を込めて握った。


予定より早く来てくださって、
ありがとうございます!

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のSuzuki Nanaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。