偏差値が低いパパと娘の中学受験

1 / 12 ページ

中学受験と特待生


2003年9月、子供が生まれた。

私は29才、妻は23才。生まれる時には仕事で出張中だったので、立ち会うことが出来なかった。

産婦人科医院に行って、子供を見た時の感想は、「元気に育ってくれればそれでいい」と思った。

それから数年後、子供のために何が出来るのかが分からないまま子供は大きくなっていく。

子育てのプランなんて考えてもいなかったし、とにかく無事に育ってくれたら。。。

「育ってくれたら」

これは他人事の時に使う言葉だ。


妻は頭がいい。

偏差値は60後半もある。

俺は40台だったと思う。

子供が小さい頃、妻は一生懸命に「本の読み聞かせ」をしてあげていた。

図書館では1人10冊まで借りられる。まだ赤ちゃんだった子供の分も合わせて合計20冊。

週に2~3回は図書館に通い、本の読み聞かせをしてあげていた。

そのおかげで、子供はどんどん読み聞かせをねだるようになった。

妻は図書館に通うペースが増えていき、20冊の絵本はたった1日で読み切るようになった。

でも、俺は何もしていない。

「育メン」という言葉が流行ってる最中、何も出来ていない。

そりゃ、あやしたり、オムツ変えたりとかはやってたものの、これが子育てか?というレベル。


ポストの中に1通のDM。

「こどもちゃれんじ」

その時、ふと思ったのは「うちの子も偏差値戦争に入っていくのか。。。」

うちはとてもじゃないけど、塾に行くことも、私立の幼稚園に入れてやることも到底出来ない。

俺の稼ぎでは夢だろうと思っていた。

幸いにして、妻がとっても倹約家。

だから何とかなっていた。


「勉強か。。。そりゃ、いい大学入ってくれたら嬉しいよ。」

誰もが思う気持ちは、俺は特に思っていた。

なんせバカだから(笑)

いい大学に入ることが目的でも目標でもないのは、社会人を10年以上やってりゃ分かる。

でも、ふとした時に学歴ってあったらいいだろうな~と思いもする。


昔からの疑問があった。

なぜだか私の周りはいい大学出てるやつが多い。

慶応、明治、青学、早稲田、学習院。。。

「なんで俺はこんな学歴がいいやつらと働いてるんだ?」

自分の大学名、言いたくないし、聞かれたくない。

別に大学が悪かったわけじゃない。楽しかったし、いい経験もいっぱい出来た。

でも、なんだろね、この微妙感。

みんなの読んで良かった!