少しずつ、少しずつ。

会社員になってから
「このままじゃやばい」
と思っていろんなところに出かけてみた。
セミナー、イベント、読書会、勉強会、食事会etc…
読書もした。会社の飲み会をほぼすべて断り、ひたすら本を読んだ(しかも自己啓発本ばっか)
そうすると、少しずつではあるが、変化が現れるようになった。
ここ1年くらいで、本を出している人とか、テレビに出ているような人とか、web界隈での有名人とかとつながりを持てるようになった。(まあ、かれらの内のほとんどは、僕を「その他大勢の知り合い」程度にしか思っていないんだろうけど(笑)
そうやって動いていると
面白い学生にも出会う。
学生団体を自分で作った人もいれば、シェアハウスを運営してる子もいたり。なんかもう、高校生でもインターンしてますとか…。なんなんすか…。みたいな人たちね。
でもよく考えたら
誰にでも動けばチャンスはあるよっていうのを
彼らが無言で教えてくれているんだよね。
僕は彼らよりも少しだけ長く生きているから
与えてあげられるようなものもある気もしてる(ちょっと傲慢かね。笑)
だから、下の代も超大切にしたいんです。
で、年齢が上の人、下の人、同世代くらいの人、いろんな人と話をしてきたつもりだけど
一番自分が劣っているのは、行動する能力と、専門性。
特に専門性。
ここ数年のテーマにしてるけど、超マニアックなレベルまで引き上げたいと思っている。
でも、それだけに依存すると自由じゃないから、もちろんリスクヘッジもしなきゃなんだけど。
やっぱり、これからの時代は、立場はどうあれ、結構ハード目に勉強していかなきゃヤバイな。
って思っています。
小さく続けていきながら、少しずつ、積み重ね。
これが大きなことを成し遂げたり、高みに到達する秘訣なのかな。
これは周りのヤバい人たちをみて感じること。
さ、僕も積み重ねます。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の堀 正斉さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。