どうして僕はベンチャー企業に移ったのか、少し考えてみた。

1 / 5 ページ

世間はGW。僕はそんな中、せっせと仕事をしている。

普通だったら「ブラック企業だ!」とかなんとか言って、twitterやfacebookに不満をぶちまけていることだろう。

でも不思議とそれがない。

会社でmacを支給されているからなのか。

普段から自由に働いているからなのか。

はたまたやり手の社長にだまされているだけなのか。

というのは冗談だけど、、、

ある程度守られた、そして給与も頑張れば水準以上もらえそうな会社にいた僕が、どうして何も整っていないベンチャー企業に行こうと思ったのか。

新しい仕事について3ヶ月が経った今、自分の思考を整理する上でもこれまでを少し振り返ってみようと思う。


1.そもそも、なぜベンチャーというリスクを選んだのか?


最初に親にこの転職の話をした時、思いっきり反対された。



基本的には僕の伝え方が悪かったのだけれど、とにかく反対された。



ある程度収入も安定していて、土日も基本的には休めて、ボーナスも出る。



そういう会社から、ボーナスがとか以前に、月給も固定されない(必要最低限は保証されているが)会社に行くと息子が言うもんだから、止めるのもよくわかる。



ベンチャーは、リスクがつきものだ。



もちろん、普通の一般的な会社でも、大企業でもビジネスをやる上では色々とリスクはつきまとう。



それでも、圧倒的にベンチャー企業の方がリスクがつきまとう。と、僕は思っている。



そもそも経営基盤的に資本が少ないとか、そういうこともある。



トラブル対応だって自分たちでしなくてはいけないし、上司が責任を…とかいうこともあまりない。



そして何より、会社がパタッとつぶれることもある。自分がそこで路頭に迷う可能性がある。そこが一番のリスクだと思う。


みんなの読んで良かった!