【第四話】『彼らがくれたもの』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

4 / 4 ページ

前話: 【第三話】『さよなら…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第五話】『限界を探しに…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

機会があったら、またお話ししたいと思う。



姉は、それからずっと病気と闘い続けた。


薬の副作用で髪の毛は抜け落ち、もの凄い吐き気に襲われ、

顔ははち切れんばかりにパンパンに浮腫む。


そしてある日、

目を覚ますと、手足が震え、1人で立ち上がることも出来なくなった。

運動神経が良く、リレーの選手に選ばれるような足の速かった姉は、

この日を境に、身体障がい者になった。


障がい者という言葉を使うは好きではないが、

姉自身、「障がい者になった」ということに一番のショックを受けていたため、

敢えてこの言葉を使わせてもらう。



そんな経験をしてきた姉は今、

自分の力で生活をしている。



姉の辛さは勿論のこと、

姉と同じくらい、いや、それ以上に辛い思いをしていた人がいた。


それは、両親だ。


姉が入院してから、母は、毎日病院に通った。

朝、小5の姉と小3の僕を学校に行かせ、

午前中に家事を済ませ、夕ご飯の支度をし、病院へ行く。


面会時間を過ぎても、

「帰らないで」

と言う姉を残して、夜の10時頃に家に帰る。


こんな生活をしばらく続けた。


当時幼かった姉弟は、事態の深刻さが分かっておらず、

両親も、そう思わせたくなかったのだろう。


姉が病気になった14歳から、27歳で就職をするまで、両親は姉をとなりで支え続けた。

僕ら家族を支え続けた。


2個上の姉は、中学生に入ってからグレた。

毎日夜の10時過ぎまで、幼い弟の母親代わりをするのは小5の姉には酷過ぎる。


お姉ちゃんばかりの面倒を見る親に、本当はいつも甘えたかっただろう。


そして、見付けた親の目を惹く唯一の方法がグレることだった。


それはまぁ、酷い反抗期だった…。


毎朝、母親とのケンカから始まり、

留年寸前まで授業には出ず、親は学校に呼び出され、荒れまくっていた。


僕が中1の頃、親に聞いた。


僕:「姉ちゃん、いつになったら反抗期終わるの?」


母:「高校に入ったら落ち着くよ!」


だが、高校に入って、ますます酷くなった。


僕:「いつになったら反抗期終わるの?」


母:「卒業したら、落ち着くよ!」


反抗期は終わらなかった。


僕:「いつになったら反抗期終わるの?」


母:「20歳になったら落ち着くよ!」



そして、姉ちゃんの長い反抗期は終わった。


本当は20歳を過ぎてもまだ反抗期だったが、だいぶマシになった。



母は、こんな家庭を支え続けた。

母は、いつも明るかった。

いつも、どんなときも子どもと向き合い、支え続けた。

僕の部活も応援してくれ、試合は毎回見に来てたし、

練習をしたくてたまらなかった僕らのために、地区センターを借り、

練習する場所も作ってくれた。

僕が学校である事件を起こした時も、いつも味方で居てくれた。

いつも元気で、子ども達を励まし、

僕らの前では、ほとんど弱音を吐かなかった。



父は、いつも仕事が忙しかった。

子どもと接するのが下手だった。

当時は、そんな父が苦手だった。

でも父は、どんなときも働き続けた。

どんなに辛くても、働き続けた。

姉が病気と診断されたその日からタバコをやめた。

父は、子どもたちには何も言わなかったが、自分に出来ることで家族を支えていた。

人脈を使い、病気の情報を集め、治療法を探した。

子どもたちに何不自由ない生活環境を与え、

一日何万円とかかる高額な治療を続けることが出来たのは、紛れもなく父のおかげだ。


改めて両親の偉大さ、そして、ありがたみを知る。


心から感謝をしている。





少し話は逸れたが、


僕が死を意識したとき、決まってこの3人が頭に浮かんだ。


こんなにも「死」は悲しみを生み、

「生」は生きる希望を与えることを教えてもらったのに、


今僕は、死を選ぼうとしている。


そんな自分に憤りを感じた。


心から、死んでいった友人、病気に勝った姉、共に闘った家族、

僕を支えてくれている人たちに心から申し訳ないと思った。



しかし僕は、この先も生きていける自信がなかった。



僕は、生きたいのか?


それとも、死にたいのか?




僕は納得出来ないと何も出来ない人間だ。



「確かめに行こう。」



生きたいのか、死にたいのか、

白黒ハッキリさせようじゃないか。



それから僕は、自分の本当の気持ちを確かめるために旅に出る。



死んでいった彼らに、彼らの家族に、

姉に、自分の家族に、このとき僕は助けられた。


「生」そして「死」


彼らは、答えこそくれなかったが、

また僕に生きるチャンスを与えてくれた。


「答えは自分で見付けてやる!」


僕は、そう決めた。




つづく…



続きのストーリーはこちら!

【第五話】『限界を探しに…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。