【第四話】『彼らがくれたもの』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

2 / 4 ページ

前話: 【第三話】『さよなら…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第五話】『限界を探しに…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜


こんなことをどこにいても一日中考えていた。



死にたいと思っているのに、

なるべく楽に死ねる方法を探している。


実にバカげた話だ。



その気になれば、すぐそこにある包丁で頚動脈をかっ切って、ほんの数秒であの世に行けるのに。



それが出来なかったのは、正直言って迷いがあったからだろう。


本当は死にたいなんて思っていなかったからだろう。



僕にはそう思わせてくれる要因が幾つかあった。



死が教えてくれたこと…


死を意識した時、必ず頭に浮かぶ顔があった。


それは、中学の頃の友人だった。


バスケ部で3年間、一緒にプレーをしたやつ。

20歳を過ぎてから仲良くなって、

地元でよく呑みに行ったやつ。


この2人は、もうすでにこの世にはいない。



バスケ部の友人は、とても明るく、元気で、とても良いやつだった。

試合でシュートを決めると、対戦相手が嫌がるほど大きく喜ぶようなやつだった。

バスケが大好きなやつだった。

そいつはバスケの強い高校に入り、バスケ部に入ったが、

間もなくして脳腫瘍が見付かり、入院。

手術もして、一度はまた一緒にバスケをするほど回復したが、まもなく亡くなった。


家に彼の死を知らせる電話の音が鳴った途端、


「あいつが死んだ…」


と電話に出た母親から伝えられる前に分かったのは、不思議な体験だった。



葬式で、彼の母親に言われたことを今でも覚えている。


棺の中を覗き込み、バスケ部のみんなで彼に最期のお別れをしていた。


「あなたがひーくん?(僕のあだ名)」

「この子からよく話を聞いていたの。」

「会えて嬉しいわ。」


「◯◯、ひーくん来てくれたよ!」


どんな話を聞かされていたのか分からないが、僕はいい印象だったようだ。


そして最後にこう言った。





「この子の分まで、精一杯生きてね。」





一人息子を亡くした親の辛さは計り知れない。

息子が眠る棺のすぐそばで、息子と同じ同級生の子供達は元気で生きている。


そんな中、彼の母親は僕に、


「生きて欲しい」


と言った。





もう一人、卒業してずいぶん経ってから仲良くなった中学の友達。


こいつも飛び抜けて明るいやつだった。

中学の頃は、お調子者の彼のことを、僕は少し苦手だった。

しかし、数年が経ち、彼のことが好きになった。

相変わらずお調子者だったが、いつも周りの空気を読み、場を盛り上げてくれた。

失礼なことも平気で笑いに変え、

どんな奴にも同じ対応をするやつだった。


そんな彼に最後に会ったのは、彼が死ぬ5日ほど前のこと。


僕らは、いつものように地元の居酒屋で呑んでいた。


彼は二浪して大学に入学し、四年生になる少し前で、

今年に入ってから就活を始めたところだった。


大学で就活を放棄した僕にとって、

1年以上も前から、一生懸命社会に出る準備をしている彼を尊敬した。


「この間、胃けいれんになっちゃってさ!笑」

「まじで死ぬかと思ったよ!笑」


彼は笑ってそう言ったが、

この時彼は、ものすごいストレスを抱えていたのだと思う。


将来の不安。

周囲からのプレッシャー。

そして、

二浪をしたことで、周囲の友達とついてしまった時間の差を、

必死で埋めようとしていたのだろう。


彼は、次の日も就活があるからと、途中で帰った。


これが彼と過ごした最後の時間だ。



今僕は、このストーリーを書きながら、彼のことを思い出すため、

この時一緒にいた地元の女友達に電話をかけた。

著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。