【第五話】『限界を探しに…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

3 / 3 ページ

前話: 【第四話】『彼らがくれたもの』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第六話】『旅支度』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜


「強くなれ!」


「絶対に諦めんな!」



修造の言葉が胸に突き刺さる。


胸を突き動かされるというのは、こういうことを言うのだろう。


心臓が急に前に飛び出るような、


背中から胸を撃ち抜かれたような、


そんな感覚がした。



「強くなりたい…」


「弱い自分に勝たなきゃダメだ…」



そう思った。



しかし僕は、いつも最良の選択をして来たつもりだが、

たった一つだけ気になることがある。


それは、何かを辞めた後、

縛られていたものから解放され、気持ちが楽になった時に思う、


「もう少し出来たかもな。」


という感覚だ。


辞めたことへの達成感はあるのだが、

完全燃焼したという感覚は無かった。


僕は、次の選択のためにいつも余力を残していたのだ。


全力を出し尽くして、ダメだった時のこと考え、自分を守っていたのだ。



「限界は自分が決めている。」



本当はもっと出来るはずなのに、傷付くのが嫌で、いつも自分を守っていた。



テニスの子どもたちも、走っても追いつけないボールは取りに行かなかった。


自分で「無理だ」と決め付けて、動かなかった。


でも、あの子たちが強くなったのは、どんなに辛くても、


「絶対に打ち返してやる!」


と思った時だった。


体と心の限界に達した時だった。



強くなるためには、自分の思い込みで固めた殻を破らないといけない。


自分を守っていた殻を、ぶち壊さなきゃいけない。


その殻をぶち壊す力は、限界に達した時じゃないと出てこない。



「限界に挑戦しよう。」



自分の殻を破るために。



「限界を見に行こう。」


自分が、どこまでやれるのか。


自分には、どんな力があるのか。


今の自分は、本当は何を望んでいるのか。



「確かめにいこう。」



そう決めた。



勝負はキツくなってから…


限界に達した時、


極限の状態になった時、


死に直面した時、


「生きたい」


と思うのか、

それとも、


「やっと死ねる」


と思うのか。


「逃げたい」


と思うのか、


「絶対に諦めない」


と思うのか、


自分の本当の気持ちを…


自分の本当の強さを…


自分の手で、自分の足で、自分の身体で確かめに行こう。


そう決めた。



弱い自分に勝つために。


強くなるために。


前へ進むために。




つづく…


続きのストーリーはこちら!

【第六話】『旅支度』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。