【第五話】『限界を探しに…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

2 / 3 ページ

前話: 【第四話】『彼らがくれたもの』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第六話】『旅支度』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜


「君なら絶対に出来る!」


「自分を信じろ!」


「諦めんな!」



そして子どもたちは変わり始める。


今までの自分の殻を破り、


「強い自分」


になる。




幼い子どもたちが一所懸命に頑張る姿に涙が出た。


「あなたなら絶対に出来る!」


と我が子を見守る親の姿に涙が出た。



何より、修造の言葉に涙が止まらなかった。


「こんな小さな子どもだって全力で頑張ってるのに…」


「僕は一体、何をやってるんだろう…」


そう思った。


限界を探しに…



「今まで全部乗り越えて来ただろ!」





僕は、今まで様々なことから逃げてきた。


辛くなったら、嫌になったら逃げてきた。

でも、必ず次のことを見つけた。

逃げたことよりも、もっともっとやりたいことを見つけ続けてきた。



僕はこう思う。


「逃げる」


ということだって、一つの選択なんだ。


多くの人は、


「辞める」=「逃げる」


と思っているかもしれない。


僕もずっとそう思ってきた。


でも、自分が輝ける場所が他にあると思うなら、


辞めてもいい。

逃げてもいい。


と思う。



次のステージに行くためには、必ず何かを辞めなければならない。

「辞める」ということは、新しい選択をするということだ。

そして、「逃げる」ということは、新しい自分を見付けるための、

立派な選択肢の一つだと思う。



その選択は、決して、「諦める」ということではない。


新しい道を前に進むための立派な選択なんだ。



我慢すればいいってもんじゃない。


大切なのは、前へ進むこと。


自分の可能性を信じ、諦めないことだ。





僕は、全てに逃げてきたと思っていた。


たくさん失敗もしてきた。


でもいつだって、辞めたことに後悔はしていない。


自分が思う最良の道を選んできた。


僕だって、


「全て乗り越えて来たんだ!」



そう思った。




しかし、今僕は、また壁にぶつかっている。


そして、「死」を選ぼうとした。


今度は


「逃げる」

ではなく、


「諦める」

という選択をしようとしている。


著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。