「さすが」あざみる映画SINCE2005

4 / 84 ページ


いい男をさがすには、いい学校、いい会社に…。




男に頼らないで生きていくってことを良しとする教育とかって、




なんか信用できない。




みんな男をつかまえて楽しい主婦、子育て生活をしたいはず。




それを、もうひとりのナナを見て思ったね。




要するに、映画のテーマの女の行き方に行き着くわけですよ。




プライドか愛か?みたいな。




ナナの舞台設定




●クスリ




ミュージシャンなので飲んでる薬はピル(中島ミカのほう)。




もっと、ドラッグ中毒になりながらも、必死に生きてる人。




酒びたりのアル依存症なんかを、ミュージシャンには期待するね、僕なら。




●芸術家




貧しさから抜け出すのには芸術が武器になるんかなあ?




ちょっとイカレタところがある人の作品に感動するとか…。




貧乏や恵まれない家庭も、イカレタという部分に入ってるんかもね。




歌手のナナの方は、それを表してるんだよな。




でも、イカレ加減が足りない。




その上、映画のラストの結局、「彼の腕の中」っていう展開は




ちと、気持ちいいけど、やっぱモノタンナイ。




一方で、かわいい方のナナの彼氏が美大生とこれも芸術がらみ。




美大なんて金持ちのボンボンとお嬢が行くところだよなあ。




魂の表現する理由がないと勉強してもイカンと、




僕は陽水をみて思うね。




●恋愛




原作も女性漫画だし、読者も女性だよね。




だけど、映画化には男性スタッフがほどよく入ってるなと思う。




恋愛の描き方が、きれいだけど色っぽさもアリ!




バスタブシーンは良かったなあと思い出したりね。




以上。



著者の榊原 さすがさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。