猫は鎹(かすがい)

3 / 4 ページ


「大丈夫、今、息したよ」




「ねえ、ちょっとあんた抱っこしてあげてよ」




と言われた私は、


抱いたショックで死んでしまうのではないかと


ちょっと躊躇して、とりあえず


額の辺りと喉を撫でてみました。





すると、もう一度、大きく息をして、


少し伸びをしたような動きになり、


手足が少し痙攣しました。





そして、半分開いていた


目が閉じられました。





その後は、また動かなくなり、


目はまた半開き……。





ゴンの身体に耳をあてて


心臓の音を確認しようと思いましたが




……何も聴こえませんでした。




やっとの思いで、抱き上げてみましたが、


いつもフワフワの身体から


温度が無くなるのがわかりました。





肉球も冷たくなっている……。





私が実家に帰って来るのを


待っていてくれたかのような


最期でした。





「おお~、やっと来たか……


元気そうじゃん……


じゃ、 安心してあっち行くよ……


一緒に遊んでくれてありがとな~


じゃあな……」…………カクッ。




……てな感じだったと思いますが。






「子はかすがい」とは言いますが、




私の両親にとっては、


老夫婦の二人暮らしを送るの中で




「猫はかすがい」だったと思います。





父や母は


ゴンによくグチをこぼしていました。





「なあ~ゴン!聞いてくれよ~」




著者の徳永 智樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。