猫は鎹(かすがい)

4 / 4 ページ

「ねえゴンちゃん、ひどいと思わない~?」





そんな両親のぐちをゴンは


顔はそっぽを向いてるけど


長いしっぽをフリフリしながら


イチイチ反応していました。





「ま、エサもらってるし、ちよっとは


聞いとかないとな……」




てな感じだったでしょうか。





私にとっても


不毛な独身時代を支えてくれてたのは


ゴンだったかもしれません。





夜中に意味もなくリビングで遊びました。





大好きだったウサギの毛でできた


パンダの腕人形を私が着けて


おいかけっこをするのです。





あまり運動神経の良い猫では


ありませんでしたが、


猫キックだけは秀逸。





パンダの腕人形でゴンの頭を鷲掴みにすると


ゴンは猫キックで応戦!!




「カッカッカッカッカッ!!」





寝るときは、私が寝ている布団の上、


私の首から胸当たりに身体を丸めて


ゴロゴロいいながらドスンと重い。





うちの奥さんに出会う前


私の携帯の待受はもちろんゴン!





携帯内の写真もゴンの写真ばっかり。





母に携帯の写真を見せた時があって




「ちょっとあんた、たまには彼女の写真とか


見せてよねえ~。ゴンしか写ってないじゃないの~」




と言われた記憶があります(汗。





私の独身時代を支えてくれたゴン!




老夫婦の絆を繋いでくれたゴン!




今までありがとう。





天国の「ひょろ」「ていこ」と一緒に


仲良く遊んでくれ!





ああ、もう一度ネコキック


してもらいたかったなあ~……。





今ごろになって




書いていたら涙が出てきました。


紙に書いてなくて良かった。


著者の徳永 智樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。