小4の時に株オタクになった少年のその後の物語 【第4話】

1 / 3 ページ

前編: 小4の時に株オタクになった少年のその後の物語 【第3話】
後編: 小4の時に株オタクになった少年のその後の物語 【第5話】

「知る」事の大切さ


会社四季報を手に入れた少年(私)は、

少しづつ、「知らない」を「知る」へと変えていく。


例えば、

大手ゼネコン(建設会社)といえば、


大成建設

大林組

清水建設

鹿島建設

竹中工務店(非上場)


の5社だが、他にも、

前田建設

佐田建設

植木組

奥村組

西松建設


など多くの上場企業がある。


建設のカテゴリにはこの他に、


積水ハウス

パナホーム

日本道路

協和エクシオ

千代田化工建設


などといった企業も上場企業。


ひとえに「建設」といっても、

大手ゼネコンからハウスメーカー、

道路を作る会社もあれば設備工事会社もある。


各都道府県にそれぞれ建設会社があって、

それぞれに得意分野があって特色がある。


こうした情報は生きた社会の教科書であり、

学生時代は社会科系科目の成績として、

みんなの読んで良かった!