困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.5 『実際に行動に起こしてみると、、』

1 / 5 ページ

後編: 困難な状況にいる人々を救うためにはお金が必要だ!と資金作りのために起業しようとしたが、、、、結局は利益など無視でお金不要の環境創りを始めた話 ~ビヨンド自然塾誕生物語~ vol.6 『開園して気づいた事』

農園の名前を『Beyond』に

自分が農園を始めようと思ったのは、正に真理探求の真っ最中だった。

精神世界への疑いが薄れ、直感というものに対する信頼がかなり増しているタイミングだった。

自分が得た答えにほぼ確信が持てるようになり、実際にその心の持ち方ができるようになれば心が軽くなることだけは確実にわかっていた。

自分はその点について人々に伝えていくことは決めていたが、この時、一つ自分自身にも課題があった。

それは『まず自分自身がすべての境界、壁を超える!』こと。

そして、その想いを農園の名前にした。

『ビヨンド(Beyond=超える)』

そう、この農園は人のため、そしてまずは自分自身の成長のために始めたのだ!


農地が貸してもらえない! ~ブラックリスト入り?~

北杜市に狙いを定めた自分は、北杜市の農政課及び農業委員会に畑を貸してくれるように頼みに行った。

その際は現地での宿泊も兼ね、農業体験が出来る施設に一泊二日でお世話になった

(この滞在が後にまたドラマを生むことに^^)

山梨県は耕作放棄率が二位とのことだったので、新規就農者というのは諸手を挙げて歓迎されるのかなと思ったら、、、、

何と、自分の場合はまさにその逆!!

「あなたに貸す農地はない」

端的にいうと、こんな感じだった(^_^;)


何故こんな対応になったかというと、、、

市の職員の質問に対する自分の答えがお気に召さなかったようだ


1)草を刈りますか?との質問に対し、必要があれば刈るが、必要がなければ刈らないと答えた

2)どんな営農をやるのですか?との質問に対し、取り敢えず色々と植えて考えますと答えた

3)農業経験がないなら最低半年の研修を受けて下さいとの依頼に、それよりもまずは自分で色々と試したいと答えた。


上の回答に対する職員の方の捉え方

1)草刈りをしないと周りの農家に嫌がられる可能性がある

2)読めない経営は不安がある

3)習いもせずにできるわけがない


私の想い

1)草刈りにより畑が乾いたら水遣りが必須になる気がするので、できれば避けたい

2)初めて来た土地で、試しもせずに「コレをやります!」と決め打ちをするより余程自然な気がする

3)すべてを人がコントロールするのではなく、自然に任せて食物が得られるのかを試したいのだが、それは農業技術として習うものとは方向性がかなり異なる。


まぁ、こんな感じで担当職員の方と自分とではかなり捉え方が異なり、「こんな人に貸すのはリスクが多いだけで面倒だから関わらないほうが良い」という結論に至ったのだと思う。

やってくれないなら自分でやります

新規就農者として歓迎されなかったのは正直意外であったが、「こりゃあ面白いな!」と思った。

みんなの読んで良かった!