スパイダーを背負った眉太男がバーゼル、ローザンヌ、チューリヒでストリートショーを開催する話。なぜかスイスでケバブざんまい。

1 / 6 ページ

スイス北部の都市、バーゼル。その町の中心を流れるライン川のほとりにある、ミュンスター(大聖堂)上空には澄んだ青空が広がっている。その大聖堂の前に、タケシは大きなスパイダーを背負って立っていた。正面横の入口から中に入ると、何かの機械音が一層大きく聞こえる。ゴシック様式の回廊を進むと左手に中庭が見え、さらに進むと礼拝堂に通じている。その部屋からさらに進む、光の中へ。


こんな夢を見た。という書き出しで始まりそうな文章だが、これは実際に有った話。

2012年6月、Takeshi Spiderことタケシは、スパイダーを背負って歩くストリートショーをスイスで開催した。“原発は、もはや不要だ。”というメッセージを世界に向けて発信する為に、事故後いち早く脱原発を決めたスイスを開催地に選ぶ。

スイスと原発

6月10日晴れ

午前9時25分成田発のフライトだったので、朝5時に目覚ましを掛けておいたのだが、寝過ごすのが怖くて昨夜は1時まで寝つけず、途中で何度か目を覚ます。成田では作品を入れたダンボール箱のサイズが少し大きすぎ、きっちりと追加料金を支払う羽目になる。急いで手続きを済ませ、出発ゲートに着いた時にはすでに搭乗が始まっていた。やれやれ。

スイス航空機内にて、左ななめ後ろに座っていたおばさまに急に日本語で話しかけられた。

「これ何だか分かる?」

植物の枯れたツルみたいなものを見せられる。においを嗅いで何となく、

「ドクダミですか?」

と言ったら、ビンゴだった。(なぜドクダミが?まあいいや。)

とても明るくフレンドリーなその方は、モトさんといい、娘さんがスイス人と結婚してチューリヒ近くの町で生活しているとの事。

チューリヒ空港の出口で、モトさんを迎えに来ていた義理の息子さんのマシアスに挨拶をしたら、是非家に遊びに来てくださいと招待を受けた。

まずは、チューリヒ中央駅まで移動して、第一目的地のバーゼル行き列車に乗る。

作品はペットボトル製なので重くは無いが、箱がかさばるので車内の移動が大変だった。座席を探していたら、ドイツ人のおばあさんが荷物をどかして席を空けてくれる。娘さんとお孫さんと休暇でスイスに来た帰りだという事だ。

きっかけは窓から見えた原発の煙突だった。

 

「あれは原発ですか?」

とタケシが娘さんに尋ねると、

「そうよ。スイスには5基の原発がある。その内の一基ね。」

という答えが返ってくる。

タケシは福島原発事故に触発されて作品を制作した事、その作品をスイスの3都市で発表する事を話す。またドイツとスイスはあの事故の後、すぐに全原発の撤廃を決めた。その聡明で勇気ある選択に敬意を表すると伝えた。

ヨーロッパではチェルノブイリ原発事故の経験からか、原発に対して多くの人が深く関心を持っていることを実感する。

「原発事故は当事国だけの問題ではなく、世界中に影響する問題よ。」

と彼女は会話を締めくくる。

確かに今回の事故でも、日本の広大な大地と空気と海を汚染し、太平洋を挟んで周辺国へも放射性物質を拡散させてしまった。しかも、その汚染はまだ続いている。

みんなの読んで良かった!