映画好きは「玩具」に気をつけろ!

映画マニアにとって予告編はある程度のネタバレを含んでいるだけに、僕は期待している作品に関しては、最初の特報以降は可能な限り予告編を観ないようにしている。


ちなみに僕が今年期待している作品は「ターミネーター・ジェネシス」、「ジュラシック・ワールド」、「スター・ウォーズ」の新作、そして何と言っても「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」。


先日映画館に行った時「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」の最新の予告編が流れた際も、静かに目を閉じ「予告編」が過ぎ去るのをただひたすら待ち続けた。


これもとにかく先の展開を知らずに新鮮な気持ちで「えッ!!!そう来たか!!!」と驚きたいからである。


そんな誰にも知られる事のない、実に地味な努力を日々しているのだが、そんな努力がある「ジャンル」によって木っ端微塵に打ち砕かれるケースが最近増えてきた。


そのジャンルとは「玩具」である。


新作映画の公開の際にはそれに合わせて様々な書籍などの関連商品が各社から発売される。


そんな関連商品の中で特に「玩具」は上映前にも関わらず「こんなキャラが出るのか!!」と、どう観てもストーリー上、思っきり重要なキャラが、これまた「なんでこいつがそれを持ってんだよ!!!!!」と思っきり重要なアイテムを持ってたりする商品が先行して公開され、うっかりそのサンプル画像を見た日にゃ今までの努力が水の泡と化すのだ。


特に今回の「アベンジャーズ」では「玩具」の開発がえらい早くから行われており、まだ日本どころか全米でも本編が公開されていないのにも関わらず、重要なキャラクターのサンプル画像が昨年末からバンバン公開され、もうほとんど予告編レベルのネタバレ状態に。


つい最近も映画に出てくるアイアンマンのニューバージョン「マーク45」の画像が公開された。

でもこれはまだいい。予想の範囲内だったからだ。


ところが油断して他の画像を観たら、なんと全く知らない新キャラの画像も一緒に公開されており、しかもそのキャラの名前が「自分そういう役割ッス」と言わんばかりの分かりやすい名前だったために「あ~~~そういう展開になるのか!!!」と大方の予想が出来てしまったのだ。願わくばこの予想が外れることをただ祈るしか無い。


というわけでこれから公開される大作映画の情報を、出来るだけ知りたくない方は予告編だけでなく「玩具」にもぜひ気をつけましょう。

著者の高松 博由樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。