元洋服屋の店長だった私が思う、今の私が店長だったら新人をこう育てるマニュアル

1 / 16 ページ

15年以上前に、婦人服の販売をしていて店長もしていた主婦です。

「もし今の私が洋服屋の店長だったら、新人をこう育てたい!」と思うことをマニュアル的にまとめました。


今、販売のお仕事をしている人や、

昔、販売のお仕事をしていた人や、

これから販売のお仕事をしようとしている人には、


もしかしたら 面白いかもしれません。


私のマニュアルに共感しても、くだらないと一蹴しても、何かしら刺激になるかもしれません。

いや、ならないかもしれません(笑)

が、私なりにまとめたかったのでまとめました。どうぞお付き合いくださいませ。



はじめに・・・。

私は、22歳から25歳までの3年間、婦人服の販売員として働いていました。

川崎駅地下街→新宿マ○イ→渋谷パ○コ→国分寺マ○イ→新宿マ○イ

という順番で勤務して、後半の、国分寺と新宿の時は、店長でした。


店長と言っても、自分で家賃を払って出店している店主ではありません。

社員100名ほどの一般的なアパレルメーカーの社員としてお給料を貰っていて、会社から、次はここ、と一方的に配属を言い渡されて、その配属先のお店で、リーダーとして働いている、という店長です。


当時の自分なりに頑張って働いていて、ひょいひょいっと先輩達を追い越して、1年ほどで店長になりました。

洋服屋さんでの接客は、とても楽しかったのです。


が、


ひょいひょいっと店長になれて、その後、売上が良くても悪くても、会社からそこそこのお給料が貰えて、逆に言えば、どんなに頑張ってもお給料の天井は見えていて、

店長の先は、ずっと店長

という仕事に、なんだか遣り甲斐を感じられ無くなり、もっと新しい何かを求めて退職しました。


今思えば、当時の私は生意気で、調子に乗っていました。

「もうここでは学ぶことは無い」くらいに思っていました。

どんな職場でも、学ぶことが無くなるなんて有り得なくて、いくらでも深みがあるものだ。

と、今となっては思いますけれども、


ま、当時はねぇ・・・

いわゆる

若気の至り

ってやつですか?(苦笑)


もちろん、その自分を否定する気はありません。

退職した後、渡米して、また貴重な経験が出来ましたし、それはそれで良かったのです。

みんなの読んで良かった!