私は「一歩先行く先輩起業家」

1 / 3 ページ

【天野功一は、「一歩先行く先輩起業家」です。】


私はサラリーマンを30年くらいやってました。

学校を出て、九州、名古屋、東京、群馬、東京、大阪、そして最後は、東京。


いろんなことがありましたが、サラリーマンを続けました。

主な仕事は営業でした。契約獲得能力は高かったです。異常と言われていました。


でも、いろんなことが積もってきて、だんだんと自分が埋もれてしまう感覚に悩まされました。


食うには困らない。だから、「このままで、もういいや」という気持ちもありました。


でも、最後は、このまま死んだら絶対に後悔すると感じて、サラリーマンを辞めました。


1年と少し前のことです。







そして、サラリーマンの最後にやっていた仕事。全国を飛び回りやってきた仕事。

営業コンサルタントとして活動し現在に至っています。


今は、セミナー講師となったり、個別のリアルなコンサルをしたり、Skypeを使って朝とか夜とか全国の方々とコンサルをしたりしています。






独立して自分で仕事を創り、それをやっていってお金も作るのは、相当な手ごたえがあります。


でも、面白いです。


世の中には、大企業、中堅企業、小さな企業を問わず、このままでは、死ぬ時絶対後悔すると確信しながらも、サラリーマンやOLの枠の中で、そのまま人生を歩いている人が数多くいます。


私もそうでした。


でも、私は自分で選択して自ら枠からはみ出ました。


これは、大げさな言い方ではなく、まさしく、自分の人生をかけた人体実験を選択してみました。

みんなの読んで良かった!