3年間弁当当番だった落ちこぼれ営業マンがニューヨークへ一人旅し、帰国後1年半で営業のリーダーに昇進した話

1 / 8 ページ

お前、また弁当の個数間違えてるぞ!

そんなのも出来ないのか!


っす、すいません!!!!



すいません、すいません、すいません。



この言葉を言うのは何度目か。

こんな言葉から土曜の朝は始まってしまう。


しかも土曜は休日なのに当たり前の休日出勤である。

世に言うブラック企業出身だ。


大学卒業後就職したこの会社もすでに3年。

後輩もすぐ辞める環境だったので、私はいつまでたっても下っ端。

下っ端の役割といえば、「弁当当番」なのである。


全営業30人。

みんな頼むものもバラバラで、その上細かい注文が多い。

結果、混乱し挙句の果てに弁当が1つ足りないなんて事がしばしばあった。


足りない1つの弁当はもちろん自分の分をあげた。


「弁当もろくにとれねえのかお前は」


私は弁当をあげる代わりに、いつもこの言葉をもらう。


いつかこの会社を辞めてやる。

でも、自分にはどんな取り柄があるのだろう。

結局、転職しても。。


不安ばかりの毎日だった。


その不安もそのはず。

私の成績は全営業30人中30位が定位置だった。

良くて一度だけ25位になった事がある。


成績はふるわないのだが、顧客からのクレームは人一倍多かった。

一度だけ、お客さんが会社に怒鳴り込んできた事もある。


「なんであいつが担当なの!どうなってんの!呼んできて!」


みんなの読んで良かった!