「七転び八起き」は実話っていう自分がイヤ!!

人には様々な人生が待ち受けているもの。でも、続き過ぎると「マジで、もういいか?」と自分に問うレベルです。今まで語ることのなかった個人的体験談を綴ります。


ー事実は小説より奇なりー

そうです。

一人の人間が、一度や二度、落とし穴のような体験はするでしょう。

でもそれが、ずっとずっと続くとしたら?

対応するのは自分。

記憶にあるのも自分。

誰にも知られることなく、体験が積み重なったので、いい加減、楽になるために「書き下ろし」ます。


〜1〜

当然のことながら、両親がいて、私は産まれました。

気づいたら、父はいなくて、「母子家庭」(後に気付く)といわれる環境で育ちました。

ここですでに、ー事実は小説より奇なりー の例としての体験談を一つ。

その前に、「父と姉との三人暮らし」があったのです。

思い出すのに時間がかかった。


どういう状況かというと、アパートに姉と2人でお留守番。

なにをどう食事したとかは覚えていません。

アパートだけど、父と姉と三人で一緒に寝れる大きなベッドがありました。

スプリングの利いたベッドで思いっきり、姉と跳ねて遊んでいたら、父が「おいおい、そんなに楽しいか?でもな、ベッドのこの下にはクッションがあって、それが壊れてしまうかもしれない」

気を使って、父が窘める様子に、「そうなの。止めとくね」と答えたのを覚えています。

ある朝目が覚めると、知らないおばさんがいました。

父は「今日から、この人がお前らの世話をしてくれるから、あまり困らせんようにな」

と言って、紹介されたあと、父は家を出て行ってしまいました。(仕事に出たわけです)

おばさんの怪訝な顔を今でも忘れることが出来ません。

私は少し寂しそうにしました。

おばさんは、きまり悪そうに、

「何か食べたいものあるの?」

のようなことを聞いてくれた。

ですが、全く見ず知らずのガキを可愛いと思えるでしょうか?

私が、台所で何か上手く出来ないことがあって、「そんなことも出来ないの?!」みたいに言われたし(そうです。姉と二人でいるということは、躾も何も学ぶ機会がないということです。それは、薄々感じていただけに、あたり過ぎてて痛かった)、食器の洗い物が終わり、ふんという顔をしたかと思うと、


「良い男かと思ったら、こぶつきか。どーりで、、、。」

私は正直困りました。

おばさんは、「私が子どもだから、わからないと思って本心を口にしたけれど、私、言ってる意味わかる。知ってしまった以上、この人を、父の側に置くのがいいのかどうか」考えました。

理由は簡単、おばさんは、父の前では「良い人」ぶるのは当然のことです。

そうなれば、父は彼女の本心を知らぬまま、私たちを安心して面倒みさせるでしょう。

それもどうだろうか?

自分達の世話を自分で出来ない年だということは分かっている。

あのおばさんは、世話してくれるかも知れない。

でも、可愛がってくれそうにはない。

おばさんは被害者かもしれない(知らずに、来てるわけだから)。

「かなわんなー」

この年で(小学校に上がる前)、このようなことで悩むことに少し嫌気がさしました。


そして、夜、父が帰ってきました。

おばさんが向こうを向いているときに、父がこそっと私を呼びました。

「あの人どうや?優しくしてくれるか?」

この質問もさらにイヤだった。

だって、どう考えても、幼児が答える内容じゃない。

でも、父も考えた末、自分達の面倒をみてくれる人を探して(どうやってかはわからない)、いわゆる父子家庭としては、精一杯だったのがわかる。

でも、イケズをされたのも事実だったので、本当のことを言いました。

「あのおばさん、良い人じゃないよ。お父さんが出て行ったあと、態度変えるもん」

父は心配そうに、

「なんか、されたんか?」

と聞きましたが、

「ううん、特別になにかあったわけじゃない。でも、お父さんが出て行ったあと、『良い男かと思ったら、こぶつきか』って言ったよ」とそのままの台詞を言いました。

あとは、そのおばさんが放り出されたわけなんですが、そのときに「私、なんか悪いことしたかな?」と少し罪悪感を感じました。

確かに、助かった部分もあるのです。

騙したのは父の方かもしれない、でも、父は私達のためにやったのだと思うと、何とも言えない気持ちが残りました。

深い疑問は、父はなぜ「姉」におばさんについて質問しなかったのか、になります。


著者の坂本 新子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。