「七転び八起き」は実話っていう自分がイヤ!!第五回

1 / 3 ページ

人には様々な人生が待ち受けているもの。でも、続き過ぎると「マジで、もういいか?」と自分に問うレベルです。今まで語ることのなかった超個人的体験談を綴ります。


〜第五回 「就学前児童検診日」〜


何の前触れもなく、その日は来た。


急に母が私と一緒に「今日は出かけないといけない日よ」と言われて、手をつないで「どこか」へ行った日だ。


私の頭の中は、もう「!?!?!?」、と同時に

「恐ろしいことが待っている」と思い、私は行くのを嫌がった。

だって、いつも「怒るしかない母」が「私の手をつないで」なんて、それまで一回も手をつないだことなんてないのに、これは「絶対、怖いことがその先に待ってる」と思う他なかった。

普段は、母の近くか側という指導の元、歩いていたように思う。

事故には遭わないように、でも、「手はつながない」


行く前に、母は「あんたと手をつなぐのは嫌だけど、今日行くところにはそうして行くのがいいと言われている」というようなことを言った。

余計、わからなくなった。


それまでの、母と「手をつなぐ」というチャレンジは見事に砕かれていた。

私から、母の手を取ろうとして、

「気持ち悪い!!何してんの!」

と言って、振り払われたことなら記憶にある。


その母が「手をつながなくてはならない」と思わざるを得ない事情が、私には「とんでもない」ことのように思えたのは仕方ない。


さらに、

「今日は、何か聞かれたら、ちゃんと答えなさい」

私は喋るのがとっくに苦手になっていたし、「『ちゃんと』って何?」と思っていても、尋ねることが出来なかった。

小さくうなづいた。

「今日これからは、はっきり『はい!』って言いなさい!!」

この段階で、もう半泣き。

私は、母の強い口調、そして、苛立ってきりきりした空気感が苦手だった。



今でも、固まる。

そういう人に出会うと。

いわゆるヒステリックな女性。

もう、そのオーラがあるだけでムリ。



そもそも『はい』っていう言葉が言えなくなったのは、私のせいじゃなく、何とか「嫌いな保育園」にも行き、先生の前でも「何もない」かのように振る舞い、気を使って生活していた。

その頃には、図工やお絵描きの時間が好きになっていた。

自分の世界には、誰も「入れない」から。


みんなの読んで良かった!