「七転び八起き」は実話っていう自分がイヤ!!

1 / 4 ページ

人には様々な人生が待ち受けているもの。でも、続き過ぎると「マジで、もういいか?」と自分に問うレベルです。今まで語ることのなかった超個人的体験談を綴ります。


〜3〜

前回より、10日経ってしまいました。

出来るだけ「時系列」で行きたいので、どこの記憶を書くのか、少し迷ってしまいました。


そうそう、私は、保育園に通うのが「大嫌い」でした。

皆、ほわほわと楽しそうで、屈託がなく、親と仲がよく、明るく元気な幼児達が、バカっぽく見えて嫌いでした。

また、先生(ここでは、シスター)が、「そのように取り扱うこと」も嫌いでした。

先生が「◯◯しましょう!」

というと、皆が、

「はーい」というお決まりの返事があります。

そうしたくなんかない自分には、「反対という意見持ってないのかよ」と苛立ちさえ感じたものです。

「幼児言葉」に至っては、身の毛がよだつ想いがしたものです。

また一方で、「羨ましい気持ち」があったのも確かです。

私はいつも、何やら重っ苦しい気持ちが常にあって、「しんどかった」し「なんだろう?この気持ちは?」と思いながら、毎日、過ごしていました。

朝は毎日、試練が待ち受けていました。

私は「行きたくない」と、保育園へ行くのを嫌がります。

母は「保育園に行きなさい!」

嫌いなものは嫌いだし、行きたくないものは行きたくない。

でも、親としては「放ってはおけません」、確かに、、、

今なら、わかります。

そんなとき、母の取った行動は、「何かで殴る」ことでした。

最初は、平手だったのが、

「お母さんの手が痛いから、棒を使うことにする!」

と、宣言したのを覚えています。

「えー、親として愛情あるなら、せめて平手にしてよ」

と、このような気持ちでいっぱいでしたが、容赦なく、ほうきの柄、掃除機の柄を取ってきては、実際に叩かれたように思います。

ここで、「思う」というのは、暴力というのは「記憶に残らない」ことがあるということです。

母のあとの台詞も「炸裂音」になって、「記憶として残りません」

覚えているのは、自分の思ったことが中心になります。

そして、自分がこのような目にあうのが、「なぜ」なのか、全くわかりません。

ただ、「泣く」

それしか出来ない。

幼児に何が出来るでしょう。

そして、おそらく、抵抗することに疲れて、怠惰に保育園へ通っていたのではないかな?と思います。

さすがに、ずっと毎日、抵抗しても、母の態度はエスカレートすることはあっても、変わらないと諦める気持ちになります。

その辺りからかもしれません。

もう一人の自分が、少し上から眺めているように感じるようになったのは。

そうすれば、「痛くない」と思える自分が出来ます。

「可哀想じゃない」自分を見つけることが出来ます。

実際には、良くない状態ですね。


みんなの読んで良かった!