「七転び八起き」は実話っていう自分がイヤ!!

1 / 4 ページ

人には様々な人生が待ち受けているもの。でも、続き過ぎると「マジで、もういいか?」と自分に問うレベルです。今まで語ることのなかった超個人的体験談を綴ります。


〜4〜

保育園時代に、「なぞ」の部分があります。

当時は、「働いているお母さん」は「保育園」に子供を入れる。

「働いていないお母さん」は「幼稚園」に子供を入れる。

そんなことは、全くわかりませんでした。

簡単にいうと、働かなくては生活出来ない=貧乏人

働かなくても子供を預けることが出来る=裕福な家庭

この図式をわからなくても、毎日の送り迎えで来るお母さん達を見ていたら、わかります。

髪は乱れて、必死で自転車に乗って、とにかく時間との戦いで、子供を連れ帰って行く。

私はわからずに、「何で、たいへんそうなんやろう?」

子供をせかすのを見て、「この子はちょっとおっとりしたタイプやのに、そない怒鳴らんかってもいいのに。待ったったらええのに、せっかちな人やなあ」

自分のこと以外では、観察するのが好きで、その癖は今でも治りません。

そのうえ、「呑気」でした。

本来は、呑気な子だと思います。あんまり深く考えない。

「ほわっと、毎日居れたらいいじゃない?」という感じでしょうか。


ある日のこと、母から「今日は車で帰るわよ」

と言われました。

それまでに、たまに車で帰る子を見たことがあります。

今ほど、皆が車を持っていない時代だったので、初めて乗ったときは、余りにも「楽」過ぎて、「夢のよう」だなあ、と思いました。


ここで、「???」です。

車を運転している人は誰?

うちは、母子家庭です。

親類付き合いもなく、一体誰なのか?

最近になって、母に問うてみても、「え?そんなことあった?」

この明快に、きれいさっぱり忘れてるのって、犯罪じゃないけど、こちら的には「犯罪」に等しい。

私には「なぞ」として、記憶があるのに、作った原因の母は忘れてる。

もちろんながら、「体罰」に関しても「本人」は忘れています。

逆ギレで、「いつまでも昔のことを、ネチネチと言うて!うるさい子やね!」

と、怒られてしまいました。

居直る人は、「覚えている場合」です。

母の場合は「忘れた者勝ち!!」

結構、腹立ちます。

こっちもキレたら良いのか?

それは、理屈がわかる場合です。

うちの母には、理論も理屈もない。

でも、「母なんです」実の。

この現実の方がキツい。

他人なら、「そういう人なんや」で済むのに、、、。


みんなの読んで良かった!