30歳何の取り柄もない主婦が改めて自分の人生を振り返った結果、たった1つ好きな事に気がつくまでの話

1 / 9 ページ

後編: 憎しみ続けた父からの電話。人として、もっとも大切な感情とは何かを知った話。

そういえば、私って何が出来るんだっけ?
心の声の主
残念ながら、何も出来なくない?
!!!

■30歳

世では「アラサー」なんて言葉で片付けられる。しかし、30歳と聞くと数字のマジックなのか個人的には60歳還暦までの一区切りという印象を受けてしまう。


「良い機会だ、改めて自分自身と向き合ってみようじゃないか!」


そう思ったのが ”七夕” だった。

あらヤダ!ロマンチックね奥さん!


なんて心の中で1人突っ込みを入れながら、書き場所を求めた結果ここへ辿り着いた。

色んな方のSTORYを読んで「こんなに上手くは書けないな。」

苦笑いしつつも、書きたくてウズウズしているのが自分でも分かる。

自分自身を振り返る作業というのは、どうしても長くなりがちである。

興味を持って読んでくれる方がいれば幸い、そんな感覚で書いていこうと思う。


■痛みの記憶

私は、真冬のよく晴れた朝に生まれたと母は言っていた。

生まれ故郷は、冬でも暖かくリゾート地として年間を通し賑わっている。

父、母、兄、そして私。典型的な4人家族として暮らしていた。

ただ一つ違っていたのは、力が支配する環境だったこと。


家庭内は常に不協和音が響き、猛獣と化した父に母が殴られて吹っ飛び、庇った兄は蹴られ、私はただ泣くことしが出来なかった。母がいつの日か殺されるのではないか、幼心に胸を痛めた。父の顔色を窺うようになると、段々会話するのが恐ろしくなっていった。

底辺の家庭環境だと笑われるだろうか?


「絶対服従」それが我が家だった。


思い出したくもない過去があったり、人生で生きるのが一番辛かったのも10代だ。

私は中学1年当時イジメにあっており、イジメっ子達に石を投げられ、罵詈雑言を浴びせられ、泣きながら帰った記憶がある。

そんな時も庇ってくれた中学時代の友人達とは、今でも連絡を取り合っている。

本当に、友人達には感謝してもしきれない。


「どんな事があっても、あなたの味方だよ」


どれほどこの言葉に救われただろうか。

イジメ発覚後、母は過保護な上に心配性になった。

いつの間にかイジメのターゲットは別の子に移り、3年に上がる頃には解放されていた。

ただ体はその状況を覚えているのか、不安や恐怖が襲うとお腹が痛くなるのは相変わらず続いた。

この症状にいたっては、30歳になった今でも続いているのでなかなか面倒だと思う。

イジメた子達は、今は立派に母親業をしているので名前は出さない。

みんなの読んで良かった!