スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 7年後に伝えたこと

1 / 3 ページ

前編: スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 後日談

突然のメール


スペインから帰ってきて早7年。

スペインの実家に帰ってすでに3年が経過し、

僕は就職活動という波に一度もまれながらも院への進学を選択した。


なりたい大人ってなんだろう...

ある意味人生の迷子の時期、モラトリアム期間とも言われる院生。


大学時代に手を出したイベントは数知れず(ただし彼女はできたことがない)、

何がしたいのかわからない、そして僕が何者なのかみんなわからない。(自分を含めて



そんな僕に一つのメールが飛んできた。


こんにちは。私は◯◯◯本部の◯◯◯です。

僕が高校生の時にお世話になった留学団体の社員さんからだ。

内容としては...

このたび、派遣生出発前のスペインスピーカーとしてご協力いただきませんか?


おいおい...。

僕が行ったのはすでに7年も前の事なんだぞ...。

とツッコミを入れつつ、無下にも断れないのでとりあえず引き受けることにした。



留学経験を話す機会


実はこのようなことは1度ではない。

帰国してすぐにも、留学経験を話す機会はあったし、それ以外の場所でも話す。


つい最近では昨年、関西での学校説明会の際に話すこともあった。

(その時は、相手方が明らかに大学での留学について押してきていたので、対抗していれただけなんだが)

プレゼンの推敲時にツッコまれたのが、

おい、あの隣に居た美女は誰だよ


まぁ、彼女が一度もできたことないのに一緒に写っている写真を見せられたら誤解されますわな。

(ここにも載せたいですが相手の肖像権とかありますので載せません)


そんなこんなで意外と留学に行きたいと考えている人の中で多くなってきたのが、

留学に行って言語をブラッシュアップしたいです!そして大学に〜...
とりあえず留学に行って泊を付けたいです!そうすれば大学に〜...

とかいう感じです。


まぁ僕も、サッカーやりたいという単純な理由だけで行ってきてしまったので人の事を言えませんが、

みんなの読んで良かった!