English Story

英語の勉強

 中学からでしょうか。英語の勉強始めたのって。
結構な年数をかけて英語の勉強をしているはずなのに「話せますか?」と聞かれると自信もって「Yes!! I can speak english!」と言えない自分がいます。

英語勉強のツール

 英語勉強のツールという言葉が適切かどうかはおいておいて。英会話のNOVA、English Town, Speed Learning, Shadowing, Rosetta Stoneと数多くの英語能力(主にSpeakingとListening)向上のためのツールを使用してきました。もちろん、継続中です。

いざ実践の場になると

 これがなかなか話せないものですね。頭の中には何をどう言おうかと言葉が浮かんでくるときと真っ白な時があるのですが、浮かんでくる時でさえ口から出すには結構時間がかかるものです。

なぜ話せないのか?

 人によって理由は様々あるでしょうけれども、多くは自信がない。頭の中で言葉を組み立てるのに時間がかかりすぎている。要は考えすぎ。語彙が足りなくて文章が作れない。大体この辺の理由なのではないでしょうか。

どうすればいいか?

 答えは一つ。「恐れるな!」この一言につきると思います。今の自分を振り返って見ましょう。これであってるのかな。間違ってたら恥ずかしいな。と思う自分がいます。そういう時は歯を食いしばってとりあえず「Well...」とか「I think...」でとりあえず発してしまいましょう。そうすれば何かは言わないといけないし、脳も必死になってくるでしょう。この状態を続けることはストレスになる可能性もありますが、この「恐れない継続」が英語を使える、言えるようになるために必要なことだと思います。
 じゃぁ、こう書いている自分はペラペラか?というと、とんでもありません。でも続けてます。そうするといつかきっと光が見えてくると思っています。Speakingだけが英語のすべてではありませんが、SpeakingができればListeningはついてくるし、ReadingもWritingも比較的早く速く上達すると思います。Cheer up!!
English Storyとりあえず。以上です。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。