〜bride of japan志望動機(中編)〜

学生時代から5年半お付き合いをしていた方と結婚の話があったのです。

いつかいつかと考えてはいたけれど、いざ結婚という言葉を前にした時、、、、理想の花嫁とは?家族とは?初めて向き合いました。


幸せな環境を当たり前のように受けてきたからこそ、漠然と過ごしていたのです。

いざ結婚の二文字を目の前にし、正直"幸せ"というより"不安"のほうが大きかった。


理想の花嫁って?
幸せって?
家族を築くって?



そんな時、私の不安をいち早く察知したのは両親でした。


"あなたが笑顔で過ごすことが私たちの幸せなのよ"という母の言葉でハッとしました。


結婚したら、家族が喜んでくれるとばかり思っていたけれど、私が幸せだと実感しなければ、家族の喜びには繋がらないのだと。


ちょうどその時
知人の紹介で"bride of japan"の存在を知ったのです。

なんだか不思議な縁を感じ、エントリーさせていただきました。

著者の土屋 有里紗さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。