世界一の金髪美人はわがまま姫!?

1 / 3 ページ

 昔々あるところに、世界一美人と呼ばれたお姫様がおりました。髪の毛は輝きに満ちたロングのブロンドヘア。透き通るような白い素肌は街中の誰もをたちまちとりこにしました。

 

 


そんなある日、執事が姫にこういったとさ。

 


執事
姫、お言葉ですがそろそろ例の時期かと・・・。
うるさいわね。わかってるわ。そろそろ見つけないことくらい・・・・・

そう。姫には結婚相手を選ぶ時期が迫っていたのです。しかし美女過ぎる彼女には、

10000人もの求婚者がすでにいました。ただ、姫はそのどの人も断ってきたのです。

10000人を振ったわがまま姫。

 

 

もう、私は結婚できないかしら。何度もそう思ったことでしょう。

 


美女には美女の悩みがあるもの。

ナンパはいつもされるし、みんな結局ヤリモクだし。

人だと思っていない。

 

 

そのとおり。

だから言い寄ってくるのはいつもろくでもないやつ。

 

 

あるときは世界一の美男子、イギリスの王子様が求婚に来ました。

イギリス王子
僕ちんと結婚してくれないか。顔もイケメンだし、カネあるしパパの会社つぐんだ。将来安定だぜ。好きなものも買ってあげるエヘへ。総資産100億だぜーット。

もちろん姫は

あほかボケ。去れ。

と一蹴。

 

また、

あるときは、がてんけいマッチョが。

がてんくん
俺が幸せにする。筋肉やべえっショ。ほらさわってっみ6パック。
まあ筋肉はすごいわね。・・・去れ。理由はないわ。ただあなたみたいな人いっぱいいたのよ。

と、またまた一蹴。

 

 

そんな風に10000人の求婚を断ってきた美女姫は、

完全に諦めモード。

 

みんなの読んで良かった!