【高卒で某自動車工場のラインでブラジル人と働きながら誰もが持ってる身近な○○で月収400万にした話】

3 / 5 ページ




‐‐第3話‐‐ サラリーマン生活開始



わたしは高校を卒業後、某自動車工場に就職しました。


3交代勤務で月曜日から土曜日まで出勤するような忙しい会社。


『中島悟です。よろしくお願いします。』
上司
『よろしくね。普段休みの日は何してるの?』
『携帯電話よくさわっています。』
上司
『携帯電話とかさわってて楽しいの?』
『携帯電話でお小遣い稼ぎしてます。』
上司
『いいなー。お小遣い稼ぎしたいけど忙しくて時間ないのだよな。』

確かにサラリーマンになった途端、アフィリエイトの収入もどんどん減っていき、

高校生の時みたいに時間が使えるわけでもないため、アフィリエイトを行う時間は

一週間に一時間ほどまで減少したのだった。


仕事では、ブラジル人と一緒の所でライン作業を行い、

毎日仕事も楽しく、仕事内容にも不満などもなく楽しい生活でした。


(写真は目をつぶっていますが 笑)


休みの日は、ブラジル人とバーベキューをしたり、

バレーボールをしたり、日本人といるよりもブラジル人と一緒にいる時間の方が長くなるくらいでした。


生活に何一つ不便もなく、楽しい生活を送れていました。


それでも、


忙しくなってもアフィリエイトはやめなかった



見てくれている人がいる限り、更新はするというプロ意識が根付いていたため

収入が減ってきてもやめることはなかった。




その頃は、アフィリエイトで月に数千円

稼ぐことよりも月収21万円という高校卒業したての自分には満足なくらいの

給料を手にしていたため違う目標に考えが変わっていった。


20歳までに高級車に乗る!!


20歳成人式までに、サラリーマンの給料で500万の

高級車レクサスを買う!と決めてかなってしまった話


このような考えに変わっていき目標は変わっていきましたが、




それでも、


夢がかわってもアフィリエイトはやめなかった




それから二年という歳月がたち、高級車に乗るという夢も達成できた。

そんなわたしは20歳になっていた。



【この頃自分がやっていた大切だったこと】

・寝る前に、自分のサイトがより良くなるイメージを描いて寝た

・遊ぶ時間は遊び、やる時はやるというメリハリを付けた

・忙しくてもコツコツと続けた



‐‐第4話‐‐ 月400万円になるきっかけとなったAとの出会い


日々平凡に暮らしていた僕にとって大きな転機が訪れたのは、Aとの出会いだった。

保育園からの幼馴染で、ずっと仲良しのAとの再会だった。


お久しぶり!!
幼馴染み
お久しぶり!!
今何してるの??
幼馴染み
実は子供がおなかの中にいるの。

そんな幸せな会話をしている中に人生の転機がありました。


何気ないメールをやっているうちに

しばらくすると、幼なじみAからの連絡が突然一切来なくなりました。


1週間~2週間しても来ない。


元気にしてるのかな??


そんなことを思っていながらも、連絡が返ってこないことが心配になっていた時に、

ふと幼なじみの様子がわかるものが

1つだけあった…。



それが運命の出会いのブログでした。



そんなことに気づくこともなく、ブログを読んでいた。


ブログの内容的には、


・最近の出来事だったり

・友達と遊んだことだったり

・子供の成長を載せたり


ごくごく普通のブログを載せていたのであった。

元気そうでよかった、とホッとしているときだった。

※あとから聞いた話、この頃は旦那から一切異性との連絡をしてはいけないと言われていたらしい。


偶然が重なり合ってこんなことになろうとは夢にも思わなかった。


幼なじみのブログを読み終えてふとそのブログサイトの

トップページのボタンを押してみた。


なんだこれは??


自分の今までにはない光景が出てきたのであった。

トップのブログをやっている人のアクセス数を見ると

とんでもないアクセス数を出していたのだった。


それを見た僕はどんどん上位ブログに引き込まれていった。


アフィリエイトもやってるのか…


この時何年もやっていたサイトやアフィリエイトを一瞬でくつがえす感覚に襲われた。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の中島 悟さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。