【高卒で某自動車工場のラインでブラジル人と働きながら誰もが持ってる身近な○○で月収400万にした話】

4 / 5 ページ

その感覚と共に、ある感情が出てきた。


自分でもできる!


そんな感情になり、今までやっていたサイトなどをすべて捨て

まだやったこともないブログの世界に入っていたのであった。



【この頃自分がやっていた大切だったこと】

・自分の感覚を大切にして、感覚・直感で始めた

・自分がやっていることに満足するわけではなく常に【新しい】を探していた

・周りの環境が変わってもコツコツと続けることを変えなかった




‐‐第5話‐‐ 謎の電話から始まったブログストーリー


ブログをやり始めるとともに、アクセス数がどんどんと上がり

今まで越えることのできなかった1日1000人の壁が

ブログでは簡単に越えてしまったのだった。


当時はダイエットの記事を中心的に書くブログを行っていた。

ダイエットの知識は無かったが、本などを読み実際に試してみて

効果の検証を行ったり1人でも喜んでもらえるブログを作りあげていきました。


アクセス数もずっと上がり続け、

収入も高校時代に達成した月に30000円にまで、また入るようになった。


そしてその頃、偶然が偶然を呼ぶ出来ごとが起きたのだった。


たまたま仕事が早く終わり、友達とファミレスに行き

話をしているときに知らない番号から電話がかかってきた。


普段なら、電話のかかってきた時間は仕事をしているし、

知らない番号の電話は出ないことが多かったが

今回は素直に出たのであった。


もしもし…??
謎の人
もしもし~!ブログの事でお電話させていただきました~。


いかにも怪しい…。。。


何でしょうか??
謎の人
今、ブログの売り上げのコツを教えてて…。
【怪しい…。】あっ。。。はい。
謎の人
今のブログ、こうした方がいいですよ~!
頑張ってくださいね。

言われていることは確かに納得できたし、

凄い知識の持ち主だと感じていた。


なんでこんなに教えてくれるんだろう。


何だったのだろう…。

疑問に思いながらも、この一本の電話から、

ブログが大きく変わりだした。


今までにはやったことのないやり方でブログの更新を、

違和感を持ちつつも言われた通りにやってみると

見る見るうちに売り上げが変わってきた。


凄い!!


この出来事が起きてからブログはトントン拍子で伸びていった…。


実は、電話の方は当時無名でしたが、今は野球球団を買える大手会社の方で、

登録していたアフィリエイト会社の方から目を付けていただき連絡をくれていたのだった。


その頃には、アクセス数が1日に数万アクセスにまで上り詰め

ついに、某ブログサイトのトップページにも載るようになった。


そこのブログサイトは8-9割近くが女性の方が見ているサイトで

男性ではほとんどいない上位を獲得することが出来ました。


その頃の収入はついにサラリーマンの給料を超え、

想像したことがない世界に。


その頃の収入はサラリーマンの給料とアフィリエイトの給料で150万ほどになり

サラリーマンの給料が少なく感じるくらいになりました。


この頃になると友人などにもブログのコツなどを教えるようになり

4人中4人の方が10万円以上稼げるようになり、中には90万ほど稼げる友人も出て来ました。


でも友だちとの遊び方も地味で、

今日は何して遊ぶ??
友達
ゲーセンに行こう!
いいねー!ブログみんな一件更新したら行こう!
友達
そうしよー!!


このような遊びしかしていませんでした。


20代には多すぎるお金が入っていても

全員一致して変えないことが一つあった。



生活を変えない



これがあったからこそ今の自分があったのだろうと感じます。

月に90万入っていても使うお金は月に3万円‐5万円ほど…。

サラリーマンの仕事が忙しかったこともあったし、

田舎に住んでいたのでお金を使うところもない(笑)


何よりも、お金の使い方がわからない

使うとしても、DIESELの服をアウトレットで半額ほどで買う

これができる事が自分の中での唯一の贅沢だった。



【この頃自分がやっていた大切だったこと】

・生活を変えなかったこと

・サラリーマンの仕事を一切さぼらなかった

・稼げていても、自分が凄い人だと一切思わなかった

・コツコツと続けることを忘れなかった




‐‐第6話‐‐ ついに頂点へ…


アフィリエイトと出会った17歳から5年の歳月が経ち

5年の歳月が教えてくれたアフィリエイトとブログのスキル。

ついにその時が来ました。


ダイエットや、美容のスキルを沢山の方に

ブログで伝え続けた、その結果、




カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の中島 悟さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。