笑顔の仮面を脱いで、本当の笑顔へたどり着くための働き方-笑いたくないのに、笑っている人へ-

1 / 2 ページ

「もっと安かったら、買ってあげるのにな。」



新宿にある色んな会社が入った雑居ビル。

その雑居ビルの一室の古びたソファーに僕は座っている。

「ホームページちょうどリニューアルしたかったんだよね。」


数日前にもらったその言葉に期待して訪れた営業先だ。

机の上には、うちのホームページ制作のサービスについて書かれたチラシが置かれている。


そのチラシを見ながら、説明をひとしきり終えた僕に営業先の社長が口を開く。




「もっと安かったら買ってあげるのにな。」


その言葉に、僕は、ひどくうんざりしている。

「またかよ…。」心ではそう思っている。


それでも僕の口から出たのは、

「いくらくらいをご希望でしょうか?」という言葉。


顔は笑っている。何も楽しくないのに…。


雑居ビルから出た途端、大きなため息が出る。

その瞬間、腹痛に襲われた。昨日の夜もこの腹痛のせいで、眠れなかった。




学生時代の友達2人と意気揚々と起業したのが、3か月前。

ホームページをつくって、電話やメールが来るのを楽しみに待ったが、

何も起こらないまま1か月が過ぎた。


「動かなきゃだめだ!」と思い、とにかく人に会いまくった。

交流会には、最低週2回出るようにした。名刺も300人以上と交換した。

その後、打ち合わせした人もいた。


だけど、うちのサービスを買ってくれた人は誰もいなかった。


「売る」ということに対しての自信は、日々無くなっていった。

そんな時、交流会で出会った人の中で、営業支援会社の人がいた。

その会社と業務提携した。


おかげで、人と会うことはできるようになった。いくつかサービスも売れた。

だけど、全部お客さんが希望する値段で売った。




僕らは、当時東京都北区の十条という「ザ・庶民の町」に住んでいた。

学生がたくさん住んでいるマンション。その一室に僕の自宅はあった。


その自宅のキッチンを事務所代わりに使っていたから、事務所代はかかっていない。

だけど、3人分の生活はとてもできる状態じゃなかった。

その焦りから、2割、3割は当たり前のように値引きした。

時には半額でも売った。


だけど、ますます生活は追いつめられていった。




夜中にお客さんからの電話で携帯が鳴り響く。

契約外の指示も飛んでくる。それでもできる限り対応した。

買ってもらった数少ないお客さんだから。


だけど、中にはどうしても技術的に対応できないこともあった。

そのことを謝りながらお客さんに伝えた。

その時に返ってきた言葉で、頭が真っ白になった。


「せっかく買ってあげたのに…」

それでも、僕は笑いながら謝った。


そのあたりから腹痛がたびたび出るようになった。




なけなしのお金を持って病院に行って検査をすると「ストレス性ですね。」という答えが返ってきた。

「ゆっくり休んでください。」とも言われた。

「休めるわけがない。」と言いたかったけど、笑顔で返事をして病院を出た。


腹痛をこらえて、事務所代わりにしている自宅に戻った。

「ただいま」と言っても、2人から返事はない。

値段を安くして売っているせいで、「忙しいのに利益は出ない」状態が続いていた。

そのストレスからよく口論していた。朝から晩まで一言も話さない日も頻繁になってきた。

その日も何も話さないまま、「お疲れ様」もなく、仲間は帰っていった。


それから数日後、その仲間の一人から思いがけない言葉が飛んできた。

「社長、辞めれば?」

ショックだった。何も言葉を返せなかった。


それでも、僕は笑っていた。




その次の日、3人で久しぶりの話し合いをした。「会社を潰すかどうか?」の話し合い。

その話し合いの日から、僕らは変わった。


一度もテレアポや飛び込みなどの営業らしい営業はしていない。

お金を借りたわけでもない。

広告を出したわけでもない。


僕らがあの日決めて、行動に移したことはただ一つ。


「伝えること」そして、そのおかげで、僕は心から笑えるようになった。


7年前のあの日。「会社を潰すかどうか?」を話しあった日から僕らは変わりました。

その日にした「話し合い」が、大きな転機になりました。

今まで何度も話し合いはしてきました。


交流会での出来事、営業先での出来事、お客さんとの出来事、それら全てを共有していました。


しかし、「今より良くなるための話し合い」は一度もしていなかったことに気付きました。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。